Main menu:


カレンダー

May 2018
S M T W T F S
« Dec    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Site search

Categories

Archive

Meta

Archive for 'Besichtigung(お出かけ)'

お花見。

4月6日(木曜日)

4月になり、スイスも本格的な春真っ盛りです。

アパートの敷地の芝生には、今はたんぽぽが咲き始め、Primeli(サクラソウの一種)や水仙などと咲き乱れています。

先日の日曜日、ベルンへお花見に出かけました。

場所は、ベルンの街が見渡せるバラ園。

きれいに見渡せます

クマ園からバラ園への坂道に桜が咲いています。結構な坂道なので、バラ園から下りていく方が楽です。

大聖堂と

少し葉桜になっていたけど、見事に咲いていました

桜はやっぱりいいなぁ

お花見終了後は、クマ園横のAltes Tramdepotで入り口で見たチョコレート風味の黒ビールをお花見の余韻に浸りながら飲みました。

駅へ戻る前に、クマ園へ。

この2匹以外に、もう1匹いました

アーレ川

お天気が残念

お天気がどんより曇っていて、寒かったのが残念でしたが、久々にお花見できて楽しかったです。

*写真はクリックすると大きくして見られます

かぼちゃ、ごろごろ。

10月2日(金曜日)

きのうから10月になりまして、本日、ルツェルン市はSt.Leodegarという祝日です。

このルツェルン市だけのお休みは忘れがちで、昨年はすっかり忘れてましたっけ。

で、話は先週末のまだ9月の話です。

先週末の日曜日、ルツェルンからちょっと北に行ったところにあるRothenburg(ローテンブルグ)という村へ行ってきました。

この村にある農家さんにある『迷路』と『かぼちゃ』を目当てに出かけました。

ルツェルン駅からバスに20分ちょっと乗り、バス停から1kmほど歩くと、Kürbishofという農家さんがあります。

出かけた当日は、「Kürbis-Fest(かぼちゃ祭り)」で想像以上の人が来ていて、ビックリでした。

『かぼちゃ』を買う前に、ラファさんのお目当てだった『迷路』へ。

中に入ると、入り口付近はかぼちゃの蔦で、奥に入るとりんごの木がまっすぐにどどどどどーーーーーっっと並んでいました。

奥までずっと、りんご

dsc_0243

 

スイスではかなり密着して木を育てて、りんごを収穫する方法のようです

 

dsc_0245

 

迷路を楽しみながら、りんご狩りもできます

 

dsc_0241

 

いちばん端まで行ったのに、そこから帰り道への道が見つからず、結局また元に戻ってきて出口(入り口)へ。まさか迷子になるとは思わなかった……

『迷路』の後は、かぼちゃを買いに。

あちこち様々な『かぼちゃ』だらけでした。

dsc_0246

 

買い物のあとは、ちょっと小腹が空いたのでソーセージを食べたり、かぼちゃスープを飲んだり、かぼちゃケーキを食べたりしました。

かぼちゃスープとりんごジュース

dsc_0250

 

ヤギや羊、うさぎがフェンスの囲いの中にいて、たくさんの子供たちが一緒に遊んでいました。

このヤギの子供がかわいかった

dsc_0253

 

迷路でもいだりんご

dsc_0255

 

かぼちゃ

dsc_0258

 

かぼちゃは日本語の名前がついていたものを買いました。オレンジは「Uchiki-kuri」、「Cha-Cha」とかなんとか……と「Ebisu」なんとかかんとか……

本当は「Hokkaido」か「Tetsu-kabuto」が欲しかったのですが、この農家さんでは見つからず……

まだ食べていないけど、これから、しばらくは「かぼちゃ」料理が食べられそうで楽しみです。

*写真はクリックすると大きくして見られます

Schloss Hallwyl(ハルヴィル城)

7月9日(木曜日)

きのうの曇り空&20前後の最高気温のおかげで、昨夜は何日かぶりにゆっくり爆睡できました。

よく寝たっっ。

 

さて、先々週末日曜日、ラファさんはいつも通っている書道教室の先生の家へ特別稽古のために朝出かけていきました。

午前中だけだというので、午後は先生のお家のそばにある湖 Hallwylsee(ハルヴィル湖)の湖畔に建つSchloss Hallwyl(ハルヴィル城)へ行ってきました。

ずっと前から気にはなっていたものの、チューリッヒに住んでいるときも、今のルツェルンの家からもそんなに遠くはないものの、行くのにちょっと時間がかかるのでなかなか行けずじまいでした。

で、今回、天気も良いし、お稽古も午前中で終わるというので、ちょうどいいかなと思い出かけてみました。

ルツェルンからだとLenzburg行きのS9の電車でBoniswilで降りると行きやすいです。

お城へ行く間、Hallwyl湖が見えました

Hallwyl城はHallwyl湖から伸びた小川の中洲に建っています。

なので、Wanderwegを歩いてきた私たちはお城の周りをぐるっと回りました。

水堀の周りを回って

回って

回って

入り口の橋

たどり着きました

入場料は、博物館と中庭とカフェに入るためだと大人14フラン、子供が8フランで、中庭とカフェのみでも大人は3フランかかります。

私たちは某銀行のカードにミュージアムパスがついているので無料で入場できました。

中庭

お天気が良い日だったわりに(夏に天気が良いと大体のスイス人は山へ行くので…..)結構人が多く来ていて、カフェのテーブルはいっぱいでした。

お城は、いろいろな展示物があって、かなり楽しんで見ることができました。そんなに大きくはないのですが、じっくり見ると時間がかかります。

思っていたよりもしっかり作られたお城でビックリしました。

10月までは「Feuer im Dach!」という1415年に起きた戦争のときのことがいろいろ紹介されている特別展が行われています。

Aargau州には以前行ったSchloss Lenzburug(レンツブルグ城)や他にもいくつか気になるお城があるので、また行ってみたいなと思いました。

*写真はクリックすると大きくして見られます

※色のついたところをクリックするとジャンプします

Oh Yeah! Popmusik in der Schweiz展。

6月29日(月曜日)

気がつけば今月も明日で終わりだ。

なんか今月は7日の夜にあった大雨での地下室水没で、あっという間に時間が過ぎて行った気がする。

あれから3週間経って、その間に新しい洗濯機&乾燥機もやってきたし、アパートの外も地下室もきれいになりました。ただ、まだ大型の扇風機みたいのが地下室で乾燥で回っています。

で、実はその大雨のあった7日の昼間にBernにある「Museum für Kommunikation」というスイスの郵便や通信などのコミュニケーション全般に関する展示物がある博物館に出かけていました。

が、夜の大雨ですっかり……ねぇ。

ってことで、3週間経っちゃったけど、きょうはそこで行われていた『Oh Yeah! Popmusik in der Schweiz展』についてです。

展示室には、1950年代から1990年代に世界中で流行っていた音楽とスイスでのポップミュージックの進化が年代ごとに区切られてその当時の曲や映像を展示室入り口に置いてあるヘッドフォンで自分で聴きながら回ることができるようになっています。

年代ごとに、衣装だったり、コンサートのチケットだったり、ギターやベースなんかも一緒に展示されているのでそれらを見ながらそして、曲を聴きながら楽しくじっくり見てしまいました。

音楽の流れは日本も同じなので、スイスでもこんなだったのか~と思いながら見ていました。

各年代ごとの展示の横には、年代ごとのスイスのいろんな曲がヘッドフォンをさせば聴けるようになっているので、展示を見ながら、または展示を見終わってからゆっくりと聴くこともできるようになっていました。

ラファさんの影響とラジオのおかげか、けっこう知っている曲もあったし、そんな曲もあるんだなぁ~~と知ることもできて、音楽好きにはもってこいな企画展だったと思いました。

気がつけば二人で夢中になって聴いていました。

このときのポスターでは7月までになっていますが、博物館のHPでは8月末までの展示になったようです。

ぜひ、音楽好きの方は行ってみてくださいませ。

Thunerseeとインターラーケン巡り。

4月29日(水曜日)

きのう書いたアマゾンの荷物は、午前中に無事に届きました。

でも、まだ1商品未発送になっているので、いつくるのか???

日本国内ではすでにきのう届いている人たちもいるのになぁ???

きょうは祝日だから、しょうがないか。

 

先週、ラファさんがイギリス出張をしていた間、そのうちのとある日にルツェルンからは南西の方にあるThunersee(トゥーン湖)に船に乗りに行ってきました。

今回は、ルツェルンからBern(ベルン)経由でThun(トゥーン)へ。

駅のすぐ前にある乗り場から船に乗りました。

夏ではないので、まだ観光客も少なめでわりと静かな船内で、ゆっくり景色を楽しめました。

きれいなアルプス

日差しが強かったので、甲板にいるのがちょうど良いくらいでした

気持ちいい~~~~

もうすぐインターラーケンに着きます

今回の船

インターラーケンのHöhematteからの眺め

これがユングフラウなのね….まだ行ったことないなぁ

インターラーケンには以前、ラファさんのおばあちゃん、義両親&義妹の6人で今回と同様にThunerseeで船に乗って行ったことがあり、景色はとてもきれいで良いのですが、観光客目当てのお店が多くてあまり好きではないなぁ…..とやっぱり思ってしまいました。(インターラーケンが好きな人、ごめんなさい)

しばし、お茶休憩をした後はラファさんと自分用にお土産のチョコレートを買って、Interlaken Ostからルツェルンへ帰りました。

ちょっとひとりだったので、このきれいな景色を一緒に楽しめる人がいなくて、なんとなく寂しい感じもありました。

ま、またそのうちひとりでどこかに行ってみようっと。