Main menu:


カレンダー

January 2018
S M T W T F S
« Dec    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Site search

Categories

Archive

Meta

Archive for 'In Zürich'

Slow Food Marketに行ってきた。

11月19日(水曜日)

先週末の日曜日、ラファさんが

「きょうはチューリッヒに行くからね~~~」っと寝起きの私にそう言って、連れていかれたところは、Oerlikonのメッセ会場。

そこで、14~16日の3日間 Slow Food Marketというイベントが行われていました。

会場にあちこちには、ハムやチーズ、パン、チョコレート、ドライフルーツ、ワインにビールなどなどのお店やそれらを作っている製造元のメーカーなどのブースがあり、試食に試飲などがし放題でした。

中には、いつも買いに行くスーパーでよく買うBioのプリンのメーカーとかMüstairのパン屋さんとかのブースもありました。

で、Müstairのパン屋さんのパンと大好きなBirnenbrot、先月行ったPoschiavoのお肉屋さんのハム、そしてスイスではなかなか見ないシードル(りんごを発酵させて造る飲み物)を買って帰りました。

パンとハムはもう食べちゃいましたが、すごく美味しかったです。

最終日だったので、そんなに人もいないだろうとラファさんは思っていたみたいですが、思っていた以上に会場内が大混雑でなかなか身動きがとれず、結構疲れました。

でも、おいしいものたくさん試食できたので、楽しかったです。

その夜、買ったPoschiavoのハムを使って夕ご飯を食べました~~

おいしいハムでした

出会えた!

11月3日(月曜日)

11月ですね。カレンダーもあと2枚。

そして、スーパーやデパートにはクリスマス関連商品が置かれていて、いやがおうにも気分はちょっと高揚してきています。

先週末も今日同様に良いお天気でした。

土曜日はラファさんの書道教室通いの日だったので、私も後からチューリッヒへ。

教室が終わってからお昼を食べて、いろいろ細かい買い物を済ませ夕方チューリッヒ中央駅のホームで電車を待っていました。

電車が来るまで時間があったので、暇つぶしにホームの前のほうでやっていた工事をぼーッと眺めつつ、他の電車がホームに入ってくるのも見ていたときです。

前方からやってきた電車の機関車がなんとなくピンク模様のようなちょっとまだら模様な感じだったので、注視していたところ、先月から走り始めたというスイスと日本の国交150周年記念のラッピングを施したSBBの機関車でした。

思わず「やったぁーー!!見られた!!」と叫んでいました。

が、時すでに遅しでカメラを構える間もなく機関車はホームの一番向こうへ行ってしまいました。

そうこうしているうちに、ルツェルン行きの電車もホームに入ってきました。

ちょっと悩んだもののラファさんに先に電車に乗っていてもらい、私は猛ダッシュで隣のホームへ、そして機関車の写真を撮りました。

Welcome to Japanの文字と桜、舞妓さん、花火、富士山、紅葉、鎌倉の大仏さん、東京とスカイツリー

車両の前方には国交150周年記念のロゴ

反対側も写真を撮りたかったけど、他の電車が停車していて見ることもできませんでした。

一番人が通る所だったのと、時間がなかったのとで、うまく写真が撮れなかったのがちょっと悔しかったけれど、念願叶ってうれしかったです。

帰りもまたホームを猛ダッシュしたおかげで、無事にルツェルン行きの電車にもギリで乗れました。

あ~しんどかった。

*写真はクリックすると大きくして見られます

やっぱり美味しかったぁ。

3月18日(月曜日)

先週末、ラファさんが通う書道教室の日があり私も後からチューリッヒに出かけました。

珍しく「お腹が空いたから早くお昼食べたい」と電話後しに言うので、私物の買い物も早々に引き上げ(ラファさんのせいはなく、結局買えなかった…..)待ち合わせ場所に集合。

そして、向かった先は結婚式の夜に家族で行ったイタリアンレストランでした。

土曜日のお昼だし、人気店でもあるので店内は混み混み。

それでも2階の席に案内され、無事にテーブルにつくことができました。

小心者の私はメニューカードを見て思わず、

「教室のそばのところに私が行けばよかったかな?」と言うと、

「いつも来たいと思ってたんだけど、なかなかね。来たら来たでお休みだったりだから。だから好きなもの食べな」との返事。

迷った挙句、私たちの隣のテーブルのおばさんが食べていたシーフドパスタの少ないサイズを注文。

その後、パスタが来たので食べていると、他のテーブルの注文と思われる何も具のないリゾットが近くを通りました。

そして、ウエイトレスの女性が手袋を手に嵌め黒いコロンとしたものを専用のスライサーで1つ、2つと削ると、独特の香りが辺りを漂いました。

その料理は、黒トリュフがけのリゾット。

実は、私が迷っていた料理でした。

そのことをラファさんに話すと、

「なんだ食べれば良かったのに」と。

おいおい、真っ昼間の何にも特別じゃない日に注文できるわけないだろう…….

ということで、パスタを食べ終わった私は遠慮せずデザートも食べました。

超久しぶりでしたが、相変わらずパスタもデザートもワインもとっても美味しく頂きました。

今度、行くときはぜひ、いえ必ず、いやあれば、その黒トリュフがけのリゾットを食べてみようと思います。

お値段はビックリするから少量サイズで。

ラファさん、どうもありがとう♪なのでした。

*店内、混み混みだったので写真はありません。ごめんなさい。興味ある方は下記をクリックしてくださいませ。

 

CANTINETTA  ANTINORI Zürich

フランスごはん。

2月20日(日曜日)

歯医者さんは午前中だったので、診察が終わるころにはお腹も空いてきた私たち。

チューリッヒに用事があったのでお昼はチューリッヒでということになりました。お店は、久々にフランスごはん((地中海風フランスごはん)がたべたくなったので旧市街にあるRestaurant Mère Catherineに。

このお店は今までも何回か行ったことがあったものの、平日のランチは超久しぶり。たぶん約7年ぶりのような….

ラファさんは豚の骨付きステーキ、私は白身魚とたぶんマスのソテーにちりめんキャベツのホワイトソースのメニューを注文。私のメニューはその日の市場で見つかった食材を使ったもの。

ランチメニューでは前菜としてサラダかスープを選ぶことができ、私のメニューにはデザートもついていました。

ま、お値段はチューリッヒ価格なのかなと思います。でも、おいしいごはんだったので幸せでした。

ewz.stattkino ’10。

2月21日(日曜日)

2月もあっという間に21日。このごろは日も長くなり遠からず春が近くなって来たのを感じるようになってきました。….といっても、気温はまだまだですが。

今月の17〜27日までewzという電気の会社が主催する映画のイベントが開かれています。それで先日の夜、「嫌われ松子の一生(MEMORIES OF MATSUKO)」を観てきました。

memoriesofmatsuko02.jpg

このイベントで見られる映画は、ただ映画を観るだけではなく、何かショーが付いていたり、おやつが付いていたりとちょっと特別なイベントなのです。

私たちが観た「嫌われ〜」もコンサートつきのもので、映画の前後と途中の休憩に行われました。

映画は日本語でドイツ語の字幕だったので、ふたりともちゃんと楽しめて、観に行って良かったです。

また来年、おもしろそうな映画が観られるなら行ってみたいなぁと思っています。