Main menu:


カレンダー

May 2018
S M T W T F S
« Dec    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Site search

Categories

Archive

Meta

Archive for 'In Luzern'

ふつうに走ってます。

4月16日(水曜日)

きょうも良いお天気でかなり乾燥ぎみ。

暖かそうな陽射しなのに、強風のせいで肌寒い感じです。薄手のダウンジャケットを思わずひっぱり出しちゃいました。

ラファさんは帰ってくるとき花粉つらそうだなぁ…..かわいそう。

 

で、街へ買い物に出た帰り道で、歩道を歩いていると後ろからゴォーーっとスポーツカー的な車の音が聞こえてきました。

チューリッヒにいるときは街中にトラムが走っているせいもあるのか、あまりみなかったのですが、ルツェルンに引っ越してからは街に行くとよく見かけます。

フェラーリの車を。

免許自体持っていないので、車のことはよくわかりません。

が、目立つ車なのでそれくらいはわかります。

ルツェルンのお隣の村?町?はお金持ちが結構住んでいるので、ルツェルンの街中ではフェラーリ以外の高級な車をよく見かけます。

我が家の近所のパン屋さんの駐車場でも時々ポルシェとか止まってるし。

やっぱスイスってお金持ちいっぱいいるなぁと思う瞬間です。

間違えで良かったけど….。

4月2日(水曜日)

きょうも春うららかなルツェルンでございます。

ひなたにいるとちょっと暑い気も若干します。

さて、何が間違えで良かったかというと、…実はきのうの夜7時半すぎに我が家の地区だけ突然サイレンが鳴り響きました。

ちょうど料理を作っていたので、換気扇から「ウ~~~ウ~~~~」と聞こえ、何事かとラファさんが窓を開けると大きなサイレンの音。

2月の第一週の水曜日の午後には毎年定期チェックで鳴るのは聞いたことがあったのですが、それ以外では聞いたことがなかったので、ラファさんとふたりで「なんだろう? なんだろう??」と私はオロオロ。

しばらくするとラジオで、

「ルツェルンの◯◯◯◯地区で鳴ったサイレンは間違いです。何も事故は起きていません」と流れました。

それを聞いたラファさんも「この辺は工場とかないから、変だなとは思ってたけど」と。

例えば、工場とかで爆発事故とかがあってガスが出たときとか、危ないときとかにサイレンが鳴ったりすることもあるのだそうです。

とにもかくにも、間違えで良かったなと思いました。

本当だったら、ちょっと困るし。

まつりの後には…..。

3月6日(木曜日)

おとといの火曜日でFasnacht(ファスナフトという、カトリックのカーニバル)も終わり、ルツェルンの街もいつもの街へと戻りました。

 

が、………街中のあちらこちらではそのFasnachtで使ったコンフェッティという、紙吹雪のようなものが散らばったまんまなのです。

街の中だけならまだしも、駅にも、バスの中にもそしてお店の中にもです。

きれい好きなスイス人なので、そのうち街の中はお掃除屋さんがきれーーーいに掃除してくれちゃいますけどね。

それまでは、Fasnachtの余韻に浸っているルツェルンの街です。

Rathausの前の広場

地面をよく見ると

何かたくさん落ちてます。

拡大すると

じゃーん。

春はいつ来るかな???

*写真はクリックすると大きくして見られます

謎解きはお好きですか?

2月25日(火曜日)

おとといの日曜、きのう&きょうととっても良いお天気なルツェルン。

青空と太陽が眩しいです。

先週末の土曜日、ラファさんの会社の元同僚さん(Cさん)やその方の友達やら彼女やら兄妹そして現役の同僚さんなど、総勢12名で謎解き脱出ゲームをしてきました。

場所は、ルツェルン市内にある「ADVENTUREROOMS」というところ。

スイスにはいまのところBernとルツェルンにあるのですが、もうすぐChurにもできて3ヶ所になるのだそうです。

あとカナダにもあるみたいです。

ゲームの内容は、ストーリーに基づいて、いろいろ謎解きをして部屋から1時間以内に脱出しなければいけないといったところでしょうか。

なので、ゲームが始まるとみんな超早いスイスドイツ語でまくしたてるので、私は邪魔にならないように部屋の中にあるヒントを探すようにしていました。

今回は12人を2つのグループに分けて、6名ずつでゲームを行い、なんと、前半の私たちのいたグループは今までの最高のスピードでゲームを終了。

なんてたって、今回の幹事さん(ラファさんの元同僚さん Cさん)はゲーム大好きな超ゲームマニアなので、彼がいた私たちのグループは彼のおかげでそんな記録も出せたんだと思います。

でも、後半のグループだって結構早く出てきたと思うので、やっぱりコンピューターのエンジニアさんたちはこういうのが得意なんだろうなと思いました。

いつか、こういうゲームは日本にもできそうな気がしますが、どうなんでしょう??

博物館づいてます。その二

2月3日(月曜日)

もう2月も3日。節分ですね。みなさん、豆撒いたのかしら??

さて、ちょっと書けてなかったことについて、きょうは書こうと思います。

少し…結構、前の日曜日にルツェルンのライオン記念碑へ行くそばに建つ博物館「BOURBAKI Panorama Luzern」に行ってきました。

この博物館は、1870~1871年にかけて起こった普仏戦争のときにフランス軍がスイスに逗留していたときのことが360度の大きなキャンバスに描かれています。

絵がある階はドイツ語の説明がながれているので、それを聞きながら絵を見ることができます。

博物館のある建物のそばを通るたびに、どんな博物館なんだろうと気になっていました。

この普仏戦争についてあまりちゃんと理解できなかったけど、今回も銀行のミュージアムパスで入場料は無料だったので、ま、いいか。