Main menu:


カレンダー

July 2018
S M T W T F S
« Dec    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Site search

Categories

Archive

Meta

Archive for '旅行'

フランクフルト24時間の旅(上)。

7月19日(火曜日)

日曜日から月曜日にかけドイツのフランクフルトへ行ってきました。フランクフルトにいたのはほぼ24時間のみでしたが、とても充実していて楽しかった。

なぜにフランクフルトへ行ったかというと…..、サッカー女子ワールドカップの決勝 日本対アメリカ戦を観るため。

ラファさん曰く「せっかく日本がこんなに頑張ってるんだから今観にいかないとダメだよ!!」とのことで、スウェーデン戦のあと残り少なくなっていた試合のチケットをゲットしたのです。

ただし、土曜日はラファさんが書道教室があったため、試合日の日曜日の出発、翌月曜に帰るという日程になりました。

ゲート開門前の様子

まばらだったゲート前も開門時間が迫ってくるとたーくさんの人、ひと。

もちろん日本人サポーターの姿も

ゲートをくぐり森の中を歩いていくとスタジアムが見えてきました

このフランクフルトのスタジアムは周囲を森に囲まれていました。

試合前の最後の練習

試合結果はPK戦の末、なでしこJAPANの大勝利!!手に汗を握る接戦でドキドキしながら観ました。まわりはほぼアメリカ人サポーターでかなりうるさかった…..。

試合後の表彰式

選手の場内一周

選手のみなさん、ほんとうにおめでとう!!そして、おつかれさまでした。

久々のサッカー観戦、そして初めてのW杯観戦はあっという間の観戦でとても楽しかったです。

今回のW杯で女子サッカーのおもしろさを知ってしまったので、また機会があれば観戦したいな。

*おまけ

本来チケットは郵送してくれるらしいのですが、わたしたちは直前だったこともありチケットは当日引換でした。

窓口でプリントアウトした紙を見せると、名前の書かれた封筒がでてきました。何万人もいるのにこのシステムってすごいなぁと感心。

写真つきIDを見せて確認後、チケットをいただきました。

春の南チロル。

6月8日(火曜日)

すっかり間があいてしまいました….。今、ちょっと忙しくしてまして、なかなか書く時間がとれませんでした。ごめんなさい〜〜

ということで、前回の続きシリーズです。もうしばし、お付き合いくださいませ。
Müstairのすぐ隣はイタリア。秋の旅行では郵便バスに乗ってMalsとGlurnsというイタリアの村へ行きました。

今回はそのMalsから電車に乗って南チロル地方で有名なMeranoへ出かけてみました。

が、ここでいくつか問題が発生!実は4月にMalsからMerano間で土砂崩れがあり、死者が出るほどのことだったそうで、私たちが行ったときももちろんまだ線路上にはシートがかけてあるのが見えました。(5月半ばのことです)

ラファさんはこの情報を知ってはいたのですが、いったいどこの駅とどこの駅の間なのかは知らず、きっとMalsの駅に行けば何か情報が得られるはずと思っていたのです。ですが、駅に行っても電車に乗っても別にとくに案内放送があるわけでもなく、張り紙があるわけでもなく、なんにも情報が得られないまま、電車に乗って出発しなければなりませんでした。

そして、とある駅でバスに乗り換え、やっとMeranoに到着。長い間バスに揺られていたので、すっかりお疲れモードでした。

Meranoは温泉の湧く避暑地として有名な所なのだそうです。で、イタリアなのですがドイツ語で地元の人々は話しているのでドイツ人が多く訪れていました。

お昼を食べたあとは、帰りの時間がどれくらいかかるのかがわからなかったので、川の横にある散歩道を少し歩いて、すぐMüstairへ帰りました。

今度は別のチロルの町か村を訪ねてみたいな。

お昼ご飯はTirolerteller(ソーセージとサワークラウト、そしてKnödelなど)とチロル風Spätzli(緑色)

p1010843.jpg p1010845.jpg

Kurhaus (湯治センター)

p1010851.jpg

Passirio川

川でカヌーをしている人がいました。
p1010853.jpg p1010863.jpg

街の様子

p1010867.jpg p1010871.jpg

夏のフィンランド旅行。おまけ

8月22日(土曜日)

旅行中、気になったこと、スイスとは違くてびっくりしたことなどです。

・ムーミンまくら

ヘルシンキのホテルで。ムーミン好きにはたまりません〜〜

pict3655.jpg

・えんどう豆(みどりの山のです)

市場や町のあちこちで売られていたけれど、どうもフィンランド人は生で食べているよう。道のど真ん中や大聖堂の階段や広場で皮だけがよく落ちていました。

pict3677.jpg

・シャワーの横にトイレ

今回4軒のホテルに泊まりましたが、そのうちの2軒はシャワーの真横にトイレがあり、シャワーの度にトイレがずぶ濡れになっていました。写真のホテルは、シャワーカーテンの下が開いてるせいもあってひどかった。なぜ、真横に置く?

pict3952.jpg

・山盛りごはん(食事)

ラファさんでさえ、あまりの量の多さにギブアップでした。前菜、メイン、デザートと食べているフィンランド人はすごい〜〜 写真はナーンタリ2日目の夕飯。このとき、何を思ったかラファさんはポテトとチキンナゲットなどの盛り合わせの前菜を注文。おかげで、ふたりともメインは半分以上残してしまいました。あ〜もったいないっっ。

pict3935.jpg

夏のフィンランド旅行。ヘルシンキ その2

8月21日(金曜日)

翌日はスイスに帰るので、ナーンタリからいったんトゥルク、そして電車でヘルシンキへ移動。今度のホテルは駅からとても近かったので、楽だった。

時々雨が降ったりやんだり、晴れたりの変な天気の中、下見していたお店に買い物へ。自分のお土産や家族へのお土産を購入。スイスで買えないと思って、けっこう大人買いしてました。

アラビアのムーミンマグカップ

pict3958.jpg

ラクリッツェ。紫のパッケージはブルーベリーとラズベリーのヨーグルト味がラクリッツェの真ん中にあって、ラクリッツェが苦手な私でも美味しく食べられます。

pict3961.jpg

初めて行ったフィンランド、今回は私の希望でムーミンを訪ねる旅みたいな感じだったけれど、とても楽しく過ごせたので行って良かったなぁと思いました。今度フィンランドに来るときは、ラファさん希望のフィンランド&スウェーデンぐるり旅をやろうと思っています。

夏のフィンランド旅行。ムーミンワールド

8月19日(水曜日)

このフィンランド旅行の一番の私の目的だったムーミンワールド。ワールドの存在を知ったときから、フィンランドに行くことがあれば絶対に行きたいと思っていたくらい。

ホテルを9時すぎに出て海沿いをしばらく散歩。

pict3842.jpg pict3850.jpg

スイスでは高い山の森にしかないブルーベリーの木が海からすぐのところにたくさんあって、びっくり。

pict3845.jpg pict3839.jpg

ヘルシンキの公園でも見た鳥。いつもいっぱいいて、芝の草を食べている。

pict3844.jpg

ムーミンワールドへの橋。この橋を渡って、森に入ると入り口があります。開園前からたくさんの家族連れが待っていました。子供がいないのは私たちだけだったっけ。1日券と2日券があります。

pict3855.jpg pict3860.jpg

開園すると多くの子供たちがムーミンの家に走って行きました。ムーミンハウスの前では、ムーミン、ムーミンママ、ムーミンパパ、ミイ、スナフキン、スニフなどのおなじみのキャラクターたちが待っていました。私も子供に負けずにムーミンと一緒に写真を撮ってもらっちゃいました。

pict3871.jpg

pict3877.jpg pict3884.jpg

pict3882.jpg pict3881.jpg

ムーミンワールドは小さな島の森の中に作られているので、ワールド内は自然がたくさん。歩きながら見たことない木の実を見つけたり、迷路も森の中。

pict3901.jpg pict3911.jpg

それから、ビーチ(子供ビーチ)もあるので途中で海に入ることもできます。1年ぶりの海だったので、私たちもしばらく入ってボーッとしていました。

pict3914.jpg

エントランス横にある劇場でフィンランド語またはスウェーデン語でショーも行われるので、ここでもかわいいキャラクターたちに会うことができます。

pict3920.jpg

pict3933.jpg

郵便局もあります。家で待つ家族や友達にポストカードを出すことができます。

pict3864.jpg

それから、パスタやハンバーガーが食べられるお店やママのレストランもあるので、食事も心配ありません。多くのフィンランド人は、自分たちで持ってきていろいろ食べてましたけど。

そしてお土産探しは、ショップで。ラファさんが待ってるのに、いろいろ見て回ってしまい気がつくと手にはたくさんのムーミングッズが。結局ラファさんが買ってくれました。どうもありがとう♪

開園から閉園間際まで丸1日ずっと歩き回っていたけれど、疲れることなく楽しむことができました。ちょっと心配だったラファさんも、楽しく過ごせたみたいで良かったぁ。付き合ってくれて、大感謝です。

翌日はヘルシンキへ移動のため、この日も早く寝たのでした。

あ〜本当に楽しかったぁ。