Main menu:


カレンダー

May 2008
S M T W T F S
« Apr   Jun »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Site search

Categories

Archive

Meta

Archive for May, 2008

アーティチョーク。

5月28日(水曜日)

日曜日の夕飯でラファさんが作ってくれたものは「アーティチョークのリゾット」。

日本でも名前は聞いたことがあっても実際には見たことがなかったし、もちろん食べることもなかった。

スイスに来てからはスーパーで初めて見て、よく食べられていることがわかったけれど一体どうやって、どこの部分を食べるのかが謎だった。

pict1900.jpg

で、昨年の冬から瓶入りのオイル漬けを食べてみて、美味しいことがわかり時々食べるように。

そして実際に料理されたアーティチョークは、……….!?
食べ慣れていないこともあり、まだ不思議な感じ。

また別の料理で作ってもらいましょう。

ラファさん、よろしくね〜〜

pict1906.jpg

*リゾットの中のちょっと緑色したものがアーティチョーク。

あちこち。

5月27日(火曜日)

サッカーのEURO’08まで2週間を切りました。ラジオでもテレビでもよく話題にされています。

先日もスーパーで見つけた関連商品をご紹介します。

それは、チーズ。

pict1879.jpg
いつもは赤い包装なのにサッカーボールのデザインになってました。

味はいつもと変わらずでした。

ゴールドのマカロン。

5月23日(金曜日)

一昨日の夜、日本語クラスから帰ってきたラファさんからピンクの小さな箱をもらいました。箱には「Luxemburgerli」の文字と50周年のシールがついていました。中を開けると、ふつうのシャンパン味のマカロンとキラキラと輝くゴールドのマカロン。思わず2人で見入ってしまいました。

pict1894.jpg

実は、チューリッヒの老舗菓子店Sprüngliで Luxemburgerli(マカロン)を作りはじめて今年で50年とのことで、その記念のためにゴールドのマカロンを今販売しているのだそうです。

pict1893.jpg

ところで、なぜSprüngliではマカロンのことをLuxemburgerliと呼ぶのか??それは、Richard Sprüngliさんがルクセンブルクの友人のところでマカロンを食べてみたところそのあまりの美味しさに感激しレシピを持ってかえったのだとか。日曜日版のNZZ(新聞)にそう載っていました。

さて、ゴールドマカロンの味はどうだったかといえば、とっっても美味しかったぁ。なんでもPerrier Jouët というシャンパン入りなのだそうです。私、こっちの方が好きだな。

不思議な味。

5月21日(水曜日)

いつだったかショッピングセンターの入り口で、若い女の子が2人見慣れないペットボトルを手にしていました。しかも美味しそうに飲んでいたので、スーパーで同じ商品を見たときに買ってみました。

pict1576.jpg

飲んでみて、「…………(・_・;)ま、まずい」

ラファさんは「そう?飲めるから大丈夫だよ」って。

1種類は「Green Tea」と書いてあるものの、サボテン果汁やらよくわからない植物も入っているよう。もう1種類は「White Tea」でざくろの果汁も入っているもの。

全然お茶の味なんかしないし(期待するのがムダなのかも)、美味しくないし買って失敗。このなんとも言えない不思議な味。

強いて言えば……シャンプー。

スイス人の味覚には合っているのかもしれないけど。

日本に帰ったら美味しいお茶たくさん飲むぞ。

手紙。

5月20日(火曜日)

週末の宿題は手紙のお返事を書くこと。4つの答えるべきポイントを抑えて書かなければならず、かなり時間がかかって完成。気がついたらやけに長ーい手紙になり、最後はすっきりしないままに終了。

でもって、明後日はテスト。問題の中にまた手紙を書かなくちゃいけないらしい…….。

しかもテストだから辞書なしだし、正確に書けないよ。

あ〜ぐぁんばぁらなくちゃぁ〜〜〜

とにかく、きょう&明日はおとなしくテスト勉強しようっと。