Main menu:


カレンダー

April 2009
S M T W T F S
« Mar   May »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Site search

Categories

Archive

Meta

Archive for April, 2009

ハイキング日和。

4月27日(月曜日)

あいにくの天気でしたが、本日よりまた学校が始まりました。…..といっても、6人しか来なかったけど。

ところで先週末の土曜日は朝から超快晴!!なので、チューリッヒ州の東のほうにハイキングへと出かけました。

とある駅で下車し、山道を登って行くとそこには菜の花畑と1軒の農家さんが。そして畑の向こうにはアルプスが。農家さんの畑にはりんごの木がたくさんあり、お花がいっぱい咲いていました。

pict3368.jpg

pict3362.jpg pict3364.jpg

えい、えいっとハイキングコースをしばらく行くと、お城の姿を発見。Kyburg城です。

pict3382.jpg

pict3386.jpg

今回は中には入らず外からの見学のみ。村もかわいい感じだったので、また訪問してみようっと。

pict3392.jpg

たんぽぽがたーーくさん咲いて真黄色になっている野原を横目に、ガンガン歩き最終的にはTurbenthalという町で終了。

pict3384.jpg

途中、なかなかベンチが見当たらず持ってきたお昼ご飯が食べられなかったり、Rikonの町ではCOOPやデパートなどで売っている KUHN RIKON(お鍋やフライパンやその他のキッチン道具のメーカー)の工場直営店に寄ってお店を覗いてみたり。

きれいな景色を見るだけでなく、他にもいろいろ発見できた今回のハイキングでした。

次回こそ、フライパンと鍋買って帰るんだい!!

ダンナさまは花粉症。

4月22日(水曜日)

このところ、お天気が良くて陽がさすとちょっと暑く感じるくらい。

で、晴れていると困ること。それは……ラファさんの花粉症。

朝から夜まで、くしゃみ連発&ティッシュで鼻をかみまくり。ときには夜中もグシュ、グシュしております。

だから週末晴れていても、なんだかヤル気なし。せっかくだから一緒に外に行きたいのになぁ。

鼻スプレーして出かけても、効いてくるまでの間が辛いらしく話しかけても返事なし。

あんなに春が来るのを待ち遠しく願っていましたが、「えーーい、春なんか早くが終わってしまえ」とつい思ってしまうのです。

今週の土&日曜日は春休み最後の週末、どこかに行けるかなぁ。

先日の散歩道。

pict3339.jpg

pict3344.jpg

2009年のOstern(イースター)。

4月13日(月曜日)

きょうはOstermontagなので、本日まで連休でございます。

昨日はラファさんの実家に行って、おばあちゃん、お義父さん&お義母さん、そして義妹のデボーラちゃんと一緒にイースターをお祝いしました。

アッペローの後、1回目のイースターの巣探し。庭を探すこと10分やっとこ茂みの中の巣と玄関の外にある巣を見つけました。

遅いお昼ごはんを庭で食べ、みんなで「Eile mit Weile(ことわざ:急がば回れ)」というゲームをしばらくやりました。このゲーム、サイコロを振って5の目が出ないとなかなか始められないので、みな必死で5の目が出るように振ります。そして、全部のコマを早くゴールできた人が勝ちとなります。6人もいるのでなかなかすべてのコマをゴールさせることは難しくて、途中で家の中に退散してしまいました。

2回目の巣探し、リビングの家具の中と下からそれぞれ発見。今年もたくさんのうさぎチョコとたまごチョコをもらいました。

pict3358.jpg

3回目のせいか、前よりは早くうまく探せるようになったような気がする今年のイースターでした。

スイスでライヴ。その3

4月12日(日曜日)

この頃、春うららなチューリッヒでございます。

ところで月曜日の夜、AC/DCのライヴに行ってきました。場所はHallenstadionという横浜アリーナみたいなところ。ただ、このライヴ、本当は3月29日にやるはずだったのです。でも、機材だか何だかのトラブルがあってその日のライヴは中止に。で、いつやるのかと思ったら翌週の月曜日、つまり4月6日への延期が決まったのです。

即日完売になったライヴだったために、会場の入り口にチケットをもっていないファンの姿もありました。

もしRockに興味ない方は飛ばして読んでくださって、構いません。

で、AC/DC、名前は聞いたことがあったのですが、ちゃんと聞いたことがなかった私。だんだん公演日が近づいてくるとラジオで特集されたりしていたので、当日までには何曲か知ることができました。….といっても、タイトルまではちんぷんかんぷん。すいません、ファンの方。

ファンの年齢層は40〜50歳代の男性が大半、続いて30代の男性、40代の女性、若い人たち、という感じ。

20時ころ、AC/DCの出番の前にスイス人の女の子が何曲か歌いました。彼女の曲も最近よくラジオで流れているので、その曲を歌うとお客さんもかなり好反応。

そして21時ころにとうとう主役であるAC/DCのメンバーの姿がステージに。一気に会場のボルテージも上がって、みなうれしそうに楽しんでいました。もちろん、ラファさんも。半年くらい前から待っていたのですもの。

アニメーション、セクシーなお姉さんのバルーン人形の演出に、炎や花火を使った派手な特効などもあって見ても楽しめるライヴでした。

「T.N.T」「Hells Bells」「Highway to Hell」などのヒット曲ももちろん演奏。

約2時間ちょっとのライヴでしたが、まるきっりAC/DC初心者の私でも楽しむことができました。

pict3349.jpg

さて今度は誰のライヴに行こうかなぁ〜〜

Kamblyとチーズ工場。

4月5日(日曜日)

やっとチューリッヒにも春が来たような感じです。

さて、話は約1週間前。LuzernとBernの間にあるTrubschachenにあるKamblyの工場直営店とエメンタールのチーズ工場へ行ってきました。

チューリッヒからBern、Langnau i.E.と電車を乗り継ぎバスでTrubschachenへ。Trubschachenの駅のすぐそばにKamblyの工場があります。

KamblyはBretzeliというクッキーが有名で他に、チョコレートクッキーも多数作っています。
残念ながら中は見られませんが、工場横に直営店があり、製造の途中で割れてしまったものなどが500gずつで1袋になって売られています。自分で食べるのには別に割れてても気にならないし、味はおいしいのでお買い得。

pict3317.jpg pict3318.jpg

pict3320.jpg

お昼前に行ったせいでちょっと小腹が空いていたために、半分以上の商品を試食。本当にどれもおいしかったから、手が止まらなかった。

店頭には見たことないクッキーにその他の商品や、某チョコレートメーカーのクッキーもKamblyが作っていたことがわかったりと、いろいろ発見もありました。私たちも気がつくとカゴいっぱい買ってました。

pict3332.jpg pict3328.jpg

お次は、エメンタールのチーズ工場へ行くために電車で、Trubschachen→Langnau i.E.→Hasle-Rüegsau、バスでAffoltern i.E.へ向かいました。

Kamblyの工場を出たあたりから雨が降り始め、チーズ工場に着くころには本降り。とっても寒かった。

雨のせいもあって、工場内のレストランでお昼。チューリッヒよりは安かったけど、今度は村のレストランで食べようと思ったのでした。

工場はビデオが流れているので音声をイヤーフォンでドイツ語、フランス語か英語で聞き、上からおじさんが仕事をしている様子を見ます。グループだと係員さんのお話を聞きながら見ることもできるようです。

ショップもあるので、もちろんエメンタールチーズやこの地方で作っているヨーグルト、ソーセージ、メレンゲなどが買えます。

pict3333.jpg

みなさんもスイスに来た際には、一度行ってみてください。また違った旅行ができて良いと思いますよ。