Main menu:


カレンダー

October 2009
S M T W T F S
« Sep   Nov »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Site search

Categories

Archive

Meta

Archive for October, 2009

スイスの日曜日。その13

10月20日(火曜日)

すっかり秋を通り越して、冬のような気温のきょうこの頃。

曇り空のチューリッヒから脱出したいということで、日曜日は朝から電車に乗ってスイスの南にある Ticino州(ティチーノ)へ。お散歩&ごはんを食べにでかけました。

ルガノの街が一望できるMonte San Salvatore(サン サルヴァトーレ山)へケーブルカーで登りました。山頂には教会があり、この教会の屋上からも景色が見られるようになっていました。

pict4398.jpg pict4406.jpg

pict4422.jpg pict4433.jpg

お昼はMonte San Salvatoreからハイキングコースを歩いたところにある村で。

森のきのこ入りのパスタ

pict4438.jpg

牛肉の煮込みとポレンタ

pict4440.jpg

快晴の空の下で食べるお昼はどちらもとても美味しかった♪

再びハイキングコースを歩き、Melide(メリーデ)へ。

MelideにはSwissminiatur(スイス ミニアチュール)というスイスの有名なお城や教会などを25分の1にサイズ化したテーマパークがあり、せっかくここまで来たので入って見てみました。ハイジ村もかわいいサイズに。

pict4460.jpg pict4462.jpg

ラファさんも以外に知らない建物があって、また旅行に行く楽しみができました。

夜はルガーノで夕飯を食べ、重たくなったお腹を抱えチューリッヒへ帰りました。また、ごはん食べに行こうっと♪

ルガーノからMonte San Salvatore

pict4468.jpg

スイスの日曜日。その12

10月14日(水曜日)

少し前の日曜日、ライン川沿いにある村 Eglisauへ散歩に行ってきました。

お天気にも恵まれ、収穫間近のワイン畑の横を散歩したり、ワインを飲んだり、短い時間でしたがとても楽しかったです。

pict4335.jpg

pict4373.jpg

ワイン畑

pict4338.jpg pict4339.jpg

pict4345.jpg pict4353.jpg

pict4357.jpg

pict4364.jpg pict4367.jpg

pict4362.jpg

秋の南チロル。

10月13日(火曜日)

前回書いてからだいぶ経ってしまいました。すみません。そうこうしている間に、スイスもすっかり本格的な秋になり、昨日からは気温がすごく低くて寒いくらいです。

さて、前回書いた「秋のエンガディン」。この旅行の2日目は、Müstairから歩いてイタリアに入り、バスに乗り郵便バスの終点 Malsへ。その後、一つ手前の村 Glurnsでお昼を食べました。

Mals
pict4275.jpg pict4276.jpg

Glurns

pict4291.jpg pict4302.jpg

pict4315.jpg pict4326.jpg

Glurnsの村は城壁で囲まれているので、門がバスの高さ&幅ピッタリな感じで通るのがちょっと大変な感じでした。

途中、国立公園の横でお茶休憩。人がいなくてとても静かでした。

pict4331.jpg

ずっと行ってみたかったところにも行けたし、美味しいものもたくさん食べられた今回の1泊2日の旅行。まだまだ、知らないところがたくさんあるので、また時間を作って出かけてみたいと思っています。

今度はどこに行こうかなぁ。

秋のエンガディン。

10月3日(土曜日)

ラファさんが会社をお休みの日があったので、 グラウビュンデンにあるエンガディン地方へ行ってきました。

当日、チューリッヒは雨が降っていましたが、グラウビュンデンに近づくと雨も止んでいました。

何回か電車を乗り継ぎZernezでお昼ごはんのため下車。レストランを探していると、Sgraffito(スクラフィッティ)と呼ばれるグラウビュンデンでたくさん見られる壁の装飾が美しい家がありました。

pict4210.jpg pict4213.jpg

pict4211.jpg

お昼は私がCapuns(カップンツー)を、ラファさんは鹿のお肉料理を注文しました。Capunsとはグラウビュンデンの料理でMangold(フダンソウ、スイスチャード)の葉っぱに小麦粉で作った生地をクルクルと巻いて、クリームソースと一緒に食べるものなのです。

pict4200.jpg pict4201.jpg

食後はZernezから郵便バスに乗り、2149mの高さにあるOfenpass(Ofen峠)へ。1時間に1本のバスなのでしばし、お茶タイム。

pict4221.jpg

pict4218.jpg pict4220.jpg

再びバスに乗り、目的地であるMüstairへ。ホテルにチェックイン後、村散策へ出かけました。

pict4222.jpg pict4225.jpg

この村にはユネスコの文化遺産に登録されている修道院があります。そのため、ホテルの数も多いし、観光客も多かったです。

pict4260.jpg pict4262.jpg

夕飯はホテルのレストランにて、この地方の名物のPizokelという小麦粉で作った生地のものとキャベツ&グラウビュンデンのベーコンが入ったものと、シャモアという動物のお肉を食べました。

pict4246.jpg pict4248.jpg
どちらもとても美味しかったです。それにしても、お昼も夜も同じような料理を選んだラファさんといい、粉ものばかりの私といい….もっと違うもの食べたらいいのに。