Main menu:


カレンダー

February 2010
S M T W T F S
« Jan   Mar »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  

Site search

Categories

Archive

Meta

Archive for February, 2010

美味しすぎて…..。

2月11日(木曜日)

少し前、ラファさんがチューリッヒの老舗店 Sprüngliの新商品のチョコレートについて教えてくれたなぁと思っていたら、とうとうラファさんが買ってきてくれました♪

うわーい♪ありがとう。

そのチョコレートとは「BLANC&NOIR」という名前で、シャンパントリュフなのです。

有名なトリュフチョコレートのひとつにフランスのMarc de Champagneというお酒が入ったものがあり、スイスではそのトリュフのことをChampagner-Truffesと呼んでいて、これは本当のシャンパンではなくシュナップスを使用し、Marc de Champagneはワインを作るときの残り物で作ったシュナップスなのだそうです。

それで、Sprüngliのパティシエの方が「本当のシャンパンが入ったトリュフを作りたい」と思い、約1年くらい研究して完成させたとのこと。

この「BLANC&NOIR」には『Perrier-Jouët』というシャンパンを使っているのだそうです。そして、手作業で作っているので、ちょっと値段が高く、180g 34フランで売られています。(Tages Anzeiger記事より)

p1010354.jpg

白い粉砂糖が付いているのがミルクチョコ、もうひとつがダークチョコレート。

食べた瞬間から口の中いっぱいにシャンパンの良い香りと味がするのです。食べてて、幸せっっ。

あと、実はもう一種類ラファさんが買ってきてくれたチョコがありました。それは、バニラ味のホワイトチョコレートにバニラビーンズが「これでもかっっ!! 」というくらいついているチョコレート。

p1010356.jpg

このチョコレートも本当に美味しい!!

食べると外にたくさん付いているバニラビーンズのおかげでバニラの味がとっても濃厚。食べてる間中、幸せすぎてずっとこのまま食べていたい感じでした。

この日記を書きながら思い出すとあの味が蘇ります。

ラファさんの好奇心のおかげでいつも美味しいものが食べられて幸せ〜〜

もし、スイス(チューリッヒ)にいらしゃったら一度、Sprüngli覗いてみてください。

おかえりっ。

2月2日(火曜日)

しばらく毎日のように降っていた雪もきょうはお休みのよう。真っ白な外の景色もいつまで見られるかなぁ〜

暖かくなって欲しいけれど、雪が降らなくなるのもなんだか寂しいかも。

さてさて、一昨年の春にハンガリーのブダペストに仕事の関係で引越ししていた友人カップルが昨年の12月 スイスに帰ってきました。

なので、日曜日に会いにいってきました。

彼らの新居は地図で見ると、私たちの住んでいる場所から対角線のところにありました。

部屋は建物の一番上。ドイツ語でDachgeschossと呼ばれる階で、屋根の真下の部屋なのです。

彼らの作ってくれた夕ご飯を食べながら、ブダペストでのことや仕事のこと、それとこの新居への引越しのいきさつなどの話をしました。

彼女さんはとーっても早くスイスドイツ語を話すのでなかなか理解することが難しいのですが、彼氏さんは私がいるせいかわかりやすくドイツ語で話をしてくれました。Mさんありがとう。

そんなこんなで気がつくとあっという間に11時近く。翌日ラファさんは早朝に家をでなければならなかったので、名残り惜しかったけれど、そこでお開きに。

今度はうちの家で会いたいなぁ〜〜

*おまけ

ラファさんが作ったApfelstrudel(アップフェル シュトルーデル)。りんごを薄い生地に巻いて焼いたデザート。粉砂糖をかけてバニラソースと一緒に食べます。

初めて焼いたらしいけど、上手だったしおいしかったぁ。

p1010342.jpg