Main menu:


カレンダー

March 2010
S M T W T F S
« Feb   Apr »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Site search

Categories

Archive

Meta

Archive for March, 2010

うさぎパン。

3月26日(金曜日)

きのうの朝、パンが入っている木のケースを開けると。Sprüngliの袋が入っていました。

袋を開けると、イースター用のうさぎのパンが。

p1010463.jpg

ちょっとまぬけな顔だったけれど、見ているうちにだんだんかわいく見えてきました。

胴の部分にチョコレートが入っていて、とても美味しかったんです♪

夜、家に帰ってきたラファさんに

「すっごい美味しかったよ〜さすがSprüngliだね〜」と言うと、

「あのうさぎは普通のうさぎじゃないんだよ。」とラファさん。そして、

「だって、中のチョコはトリュフだもん」 と。

『え…………….』しばし、言葉が出なかった私。

トリュフチョコなら、そりゃ美味しいわけです。どう考えても、当然だよね。

…….ところで、一匹おいくらなんだろうか。

ラファさんの分と合わせて2匹買ったらしいけど…….。

きっとびっくりするかもしれないから、聞かない方がいいのかなぁ。

でも、美味しかったので、また機会があれば食べたいなぁ〜〜

暖か〜いので。

3月24日(水曜日)

今週はお天気もとても良くて、気温も18〜20度以上。

トラムでひなたの方に座るとつい、うとうととしてしまいます。

春だし、どこかに行きたいなぁ〜と思っていたら、 昨年の秋に泊まったグラウビュンデン州 Müstairのホテルからダイレクトメールが届きました。

いつもなら別に気にも止めないのですが、この陽気のせいか印刷された写真を見ているうちにだんだん行きたくなってきました。

ラファさんも行きたいみたいだし。

さぁて、計画たてようかな…..。

pict4237.jpg

スイスの音楽。その6

3月21日(日曜日)

私の大好きなスイスのグループ Lunik。そのLunikのLiveを土曜日に見にいってきました。場所はチューリッヒのKaufleuten。お洒落なクラブでレストランも併設されています。

今回のライヴは2月に発売されたNew アルバムを中心に行われていて、Bernやチューリッヒはすぐチケットが完売して、追加公演がでるほど。久々の彼らのライヴなので、楽しみにしている人たちが多かったみたいです。

開演の20時前にはフロアーにはたくさんの人、ひと、ヒト。そして、みなさんの手にはアルコール。

アルコールを飲みながら楽しむことはいいと思うんです。でも、いつも終わった後、床にビール瓶やらグラスやらがゴロゴロ散乱していて、せっかくの良い気分も台無し。床もペタペタしてる気がするし。ま、場所が変わっても、今回も同様でした。

みんな気にならないの?!って思っちゃいます。

さて、ライヴの話。Newアルバムのタイトルが「SMALL LIGHTS IN THE DARK」なので、一曲目はロウソクに火を灯しての演奏。そして、新旧織り交ぜての演奏が続きました。大好きな曲がたくさんで私としては大満足。

曲は英語で歌っているのですが、MCはもちろんスイスドイツ語。理解できるところもあれば、全くもってちんぷんかんな話もあって、みんなが笑ってるのに一緒に笑えない自分がちょっと悲しかった。

しばらくスイス以外でのヨーロッパで活動していた彼ら、ついに日本でもCDが発売される?された?らしく、日本のレコード会社とのエピソードも話してくれました。(いろいろ調べてみましたが、日本版の彼らのCDは見つかりませんでした。)

そのエピソードとは、彼らのある曲の中に日本語訳すると『ゆうべ血まみれの鳥をみつけた』というフレーズがあるのですが、そのフレーズが良くないから何とかしてほしいということを言われたそう。でも、何とかしろって言われても今さら歌詞を変えるわけにもいかないので、結局その曲は日本のCDには入れなかったということ。

で、ボーカルのJaëlさんは「何がいけないのか全然わからなかった。きょうは日本人の人はきているのかしら?」と言っていたのだそうです。

2回のアンコールで、約2時間のライヴは終了。久々のライヴはとてもとても楽しめました。

夏のオープンエアに出演するなら、行ってみたいなぁ〜と今思っています。どうかなぁ???

VOLLENWEIDER。

3月9日(火曜日)

本日はBise(強くて冷たい風)が吹いて、さらに雪までちらちらと降っていてます。寒いのはイヤだぁ。

以前から気になっていたお店がWinterthurにあり、この間やっと行くことができました。

そのお店とは、VOLLENWEIDER

チューリッヒにももちろん出店しています。でも、カフェはないので、その場で食べることはできないのです。

義母の用事でWinterthurに行かなければならなかったので、用事を済ませた後、カフェに向かいました。

小腹も空いていたのでキッシュやサンドイッチを食べ、さらにデザートにチョコレートケーキを注文。ガラスケースにいろんなケーキが並んでいるので、どれを食べるか悩みすぎて私は選べず、結局ラファさんに選んでもらいました。で、このケーキが超美味しかった♪

p1010410.jpg

チョコレートケーキを注文したのに、なぜかラファさんはホットチョコを飲んでいました。ホットチョコも美味しかったけど。

そして、帰りにカフェのななめ反対側のショップへ。

マカロンだけでいいと思っていたのに、気がつくとプラリネや他のチョコレートまで買っていました。

p1010411.jpg

左から、Macaron de Zurich(チューリッヒの旗が青と白だから)、薄いみどりがHuile d’olive、チョコレート、薄い茶色はMocca pur arabica。

p1010414.jpg

緑色のクリーム入りが抹茶、黒はラクリッツェ。

プラリネの写真はすっかり忘れて食べてしまいました。

以前もマカロンは買ったことがあったので、味は知っていましたが、やっぱり美味しかった。

個人的にはこちらの方が好きかな〜と。

プラリネは何も言うことはありません。食べてて幸せでした。

またWinterthurに行くときには寄ろうと思っています。

*駅に近いところにはショップとカフェが一緒になったお店もあります。

チューリッヒではオペラハウスのトラム停のすぐのところにショップがあります。

雪とFahnenschwingen。

3月6日(土曜日)

3月になり、「あ〜ちょっと春っぽくなってきたなぁ〜」なんて思っていたら、きょうはまた冬に逆戻り。たった2時間くらいの間に、雪が7〜8cm積もってしまうくらい降りました。

p1010430.jpg p1010445.jpg

そんな雪が降る中、私たちは街へ買い物へ。そして、きょうの一番の目的はチューリッヒ中央駅。

別に特別なイベントをしていたわけではなく、私たちがよく見ているテレビ番組の収録をちょっと覗いてみたいなと思ったのです。

何日か前にラファさんは無料配布の新聞でそのことを読んでいたのだそうです。

駅に行くと、その番組の進行役の人やたくさんのスタッフと、とあるFahnenschwingenクラブのメンバーを取り囲むように人だかりができていました。

この番組の今の特集(定期的に特集内容が異なります)では、スイスにある様々なVerein(協会、団体、クラブ)を紹介しているのです。

で、この収録ではチューリッヒにあるこのFahnenschwingen(Fahnenとは旗で、schwingenとは振る、振り回すなどの意味)のクラブを取り上げてのようでした。

音楽とアルプホルンの音に合わせて、スイスの国旗を高く投げたり、クルクルと回したりしていました。

p1010449.jpg p1010457.jpg

写真では何回か見たことがありましたが、実際に目の前で見るのは初めてだったので終始じっと見つめてしまいました。

進行役の人は、よくラジオでもDJをしている人なので、声にはかなり馴染みがありました。(手にマイク持ってる人です。)
p1010453.jpg

迫力あるFahnenschwingenと個人的にお気に入りな人の姿が見られたので、雪で寒かったけど行ってみて良かったです。

ところで、いったいいつの放送?なんでしょうか……。

*Fahnenschwingenとは、古い民衆のスポーツのひとつで、短くて重いグリップのついた旗をクルクルと回しながら高く投げ上げたり、またキャッチしたりするもの。

17世紀の終わり頃からはあまり人気がなくなったが、スイスではヨーデルやアルプホルン、シュヴィンゲン(スイス相撲)のように伝統的な祭りや風習のひとつとして、今でも見ることができる。