Main menu:


カレンダー

May 2010
S M T W T F S
« Apr   Jun »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Site search

Categories

Archive

Meta

Archive for May, 2010

春のエンガディン。その3-夕食編

5月23日(日曜日)

長いシリーズになってしまい、すみません。あと…..3回くらい、お付き合い頂けるとうれしいです。

さて、3日目の夕ご飯はコースの品数は同じでしたが、3番めが軽いお皿だったのであまりお腹にも負担がなく全て食べることができました。

デザートも今回もとっても美味しくて幸せ、幸せ(^_^)

Brie-Zucchetti auf Salatbeet(Zucchettiとはズッキーニのこと)

p1010834.jpg

Fleischsuppe Flädli

p1010836.jpg

Melonencoktail mit Holunderblütensirup

p1010837.jpg p1010838.jpg

鶏肉のステーキ アメリカーナソースかけ

p1010840.jpg

Moccacreme

p1010842.jpg

春のエンガディン。その3

5月22日(土曜日)

3日目のこの日は、Müstair近辺のハイキングへ。

でもハイキングの前に、今回の宿泊特典の中に含まれていたシュナップス製造店の見学へ出かけました。

場所は郵便バスでZernez方面に向かってOrasom Tschiervというバス停からすぐのところでした。

p1010743.jpg p1010742.jpg

お店というより普通の一軒家の中にシュナップスを作る機械があって、おじさんがその機械と作り方などを説明してくれ、そのあとさまざまなシュナップスを試飲しました。

シュナップスはかなりアルコール度が高いので私は飲めないのですが、ラファさんは大好きなので興味津々でおじさんの話を聞いていましたっけ。

バジルやハーブ、りんご、栗などから作ったシュナップスなどもあって、ちょっとビックリ。バジルはやっぱり、少し薄い緑色だし、栗は栗色でした。

p1010739.jpg

p1010740.jpg p1010741.jpg

お土産用に2種類のシュナップスを買っていたラファさんでした。

その製造店のすぐそばにハイキングコースがあったので、そこからハイキングスタート!!

でも、あいにく天気がパッとしなくてときおり雨が降る始末。せっかくのお昼もベンチに座ってみたものの冷たい風と弱い雨の中食べなくてはならず簡単に済ませなくてはいけなかったし、寒いし更に天気が悪くなりそうだったので予定のコースもあきらめなくてはいけなくて、何度悪天候を恨んだことか。

でも、コース横に咲くたくさんの春の花に心を癒され、しばらくずっと眺めていました。

コースの様子

舗装された道路や草むら、獣道みたいな狭いコースを歩いたり、コースを倒れた木がふさいでいたりもしました。
p1010757.jpg p1010781.jpg

p1010783.jpg p1010819.jpg

コース途中には馬が2頭

自由な馬でした。

p1010823.jpg

Schneeheide
p1010748.jpg

名前がわかりません。
p1010751.jpg

Enzianの種類
p1010795.jpg p1010753.jpg

Krokusの種類
p1010779.jpg

Enzianの種類
p1010788.jpg p1010786.jpg

Sumpf-Dotterblume
p1010804.jpg p1010805.jpg

大きなキノコ

気持ち悪かったけど、思わず撮ってしまいました。
p1010808.jpg

Schlüsselblumeの大群

どこまでも広がるSchlüsselblumeの黄色にビックリしました。
p1010809.jpg

名前がわかりませんが、ラファさん曰く、自然の中で見るのはとても稀なことなんだそうです。
p1010816.jpg p1010817.jpg

ハイキングの後、Sta. Mariaにある機織り施設の見学へ。一枚、一枚丁寧に機織り機で作っていました。実際に機を織っている様子を間近でみることができたり、一本一本縦糸を機械に準備している様子なども見学することができました。

ショップでは様々な作品を買うことができるのですが、なにせ手作りなので結構なお値段。生地を買って自分で作るのもいいかなと思いましたが、ミシンがないのでそれはあきらめ、悩んだ結果ショルダーバッグを購入。ラファさん、ありがとうなのでした。
p1010833.jpg

p1010830.jpg p1010831.jpg

ぜひぜひ、次回は快晴のもと、行けなかった村へハイキングをしたいものです。

春のエンガディン。その2の続きー夕食編

5月21日(金曜日)

2日目のホテルでの夕ご飯も、とても美味しく頂きました。メインの野菜は苦手なグリンピースでしたが、頑張って完食。その後に待っていた苺のアイスクリームは本当においしくて、おかわりしたいくらいでした。

野菜のシュトルーデル トマトソースがけ

p1010733.jpg

ジャガイモのクリームスープ

p1010734.jpg

サラダ(写真ありません)

豚肉のシュニッツェル きのこソースがけ

p1010736.jpg

Dessert Fragolino

p1010737.jpg

春のエンガディン。その2

5月17日(月曜日)

2日目は、Müstairから見ると山の裏側の谷にある村へハイキングへ出かけました。

山を越えて直接は行くことができないので、迂回しなければなりません。なのでMüstairからZernezへ郵便バスに乗り、ZernezからScuol行きの電車に乗り換えLavinまで。

Lavinの隣にGuardaという村があり、Guardaは「ウルスリの鈴」という子供の本のモデルになったところなのです。

その話を以前テレビで知って、ずっと行ってみたいなと思っていたのです。

この日はLavinからGuarda、そしてGuardaの隣村のArdezまでハイキングをしました。

天気はあまり良くなく時折雨がポツポツしていましたが、雪の残る山々を見ながら、そしてコース横に咲くたくさんの花々を眺めながらのハイキング(散歩)はとても楽しかったです。

次回はぜひウルスリのハイキングコースを歩いてみたいな。

Lavinの村

p1010646.jpg

Guardaの村

p1010669.jpg

p1010702.jpg p1010705.jpg

ウルスリの鈴の主人公 ウルスリ

p1010689.jpg

Ardezの村

p1010730.jpg p1010732.jpg

Stiefmütterchen(継母の花という意味)

p1010660.jpg

つくし

p1010662.jpg

Lärche(カラマツ)

p1010677.jpg

*おまけ

羊と会話するラファさん

p1010691.jpg

春のエンガディン。その1

5月16日(日曜日)

昨年の秋にも訪れたグラウビュンデン州にある小さな村 Müstair。このときに宿泊したホテルから届いた特別宿泊のハガキの写真につられ、4泊5日の滞在をしてきました。

この特別宿泊の内容は、

・コンフォータブルルームに4泊

・宿泊中の夕飯はホテルのレストランで、コース料理(5品)

・朝食付き

・ホテルのサウナ&プール使用可能

・無料で近隣の村にある機織り施設の見学とシュナップス製造店の訪問

以上の5点。

私たちの一番の楽しみは夕飯でしたけどね。

チューリッヒから約3回めの乗り換えでZernezから郵便バスに乗り、途中「Buffalora」で降りてお茶タイム。この日はバスがまだ冬季運行だったのでレストランで2時間ほど休憩させてもらいました。

p1010588.jpg

そして約50分ほどバスに乗ると、ホテルのあるMüstairに到着。

ホテルにチェックイン後、村を散策。

p1010591.jpg p1010596.jpg

すると、バンクーバーオリンピックで金メダルを獲得したDario Cologna選手を讃える垂れ幕があちらこちらに。Cologna選手はこの村で育って学校に通っていたのだそうです。

p1010633.jpg

黄色いSchlüsselblumeを見ながら村の山のそばにある滝へ行ってみたりもしました。かなりの水量でちょっとびっくり。

p1010605.jpg p1010618.jpg

散策の後はお楽しみの夕ご飯。毎晩素敵な絵の印刷されたカードがテーブルに置かれていました。

エビのカクテルソース

p1010636.jpg

バジルのクリームスープ

p1010637.jpg

サラダ(撮り忘れました)

ラムのコトレット ペッパーソースまたは、豚肉のフィレ

p1010639.jpg p1010640.jpg

Mousse au chocolat

p1010641.jpg

私の食べた豚肉のフィレのソースは、ムース状のソースを焼いたもののようで、初めて食べましたがとても美味しかったです。