Main menu:


カレンダー

August 2010
S M T W T F S
« Jul   Sep »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Site search

Categories

Archive

Meta

Archive for August, 2010

三度目の来瑞。〜フランス Colmar~

8月30日(月曜日)

今回で3回目のスイスの旅行となった母。スイスとは違う雰囲気のところも見せてあげたいなと思い、フランスはアルザス地方にある小さな町Colmarへ連れて行きました。

コルマールはチューリッヒからでも余裕で日帰り旅行ができるし、観光客が多いけれどお店の人もわりと優しくて、私の好きな町のひとつでもあるのです。

チューリッヒからバーゼル、そしてバーゼルからフランスの電車に乗り換え、コルマールへ。

途中、スイスとはまた違うあまり山のない平らな風景に窓の外を見入っていた母でした。

コルマールに到着後、旧市街へ向かいました。

家の正面に105もの小さな顔の彫刻で飾られたMaison des Têtes 頭の家

p1020557.jpg p1020559.jpg

Maison des Têtes 頭の家の中庭

p1020561.jpg

美しい出窓のMaison Pfister プフィスタの家

p1020592.jpg

Petite Venise プティット ヴニーズ

p1020575.jpg

いくつか観光名所を見てみたり、散歩したりしました。

p1020564.jpg p1020566.jpg

p1020583.jpg

お昼ご飯は、こじんまりとしたレストランへ。家族でやっているせいか、とても親切だし、お店の雰囲気もかわいいカンジで母も気に入っていました。

母のシュークルート

p1020568.jpg

ラファさんの冷たいサワークラウト入りサラダ

p1020567.jpg

フラム クーヘン(タルト フランベ)(フランス風ピッツァ)

p1020569.jpg p1020571.jpg

デザートのプリン

p1020572.jpg

そしてカフェでエクレアを食べてスイスに帰りました。でも、大きすぎてラファさんにほとんど食べてもらいましたけど….。

p1020597.jpg

昨年、クリスマスマーケットで一度来たColmar。冬のキラキラとしたイルミネーションの町もきれいだけれど、夏の木々の緑とたくさんのお花が飾られた町もまた違った印象できれいでした。行くならやっぱり夏がいいかな。

短い時間だったけれど母もとても楽しく過ごせたようで、連れていって良かった。

三度目の来瑞。〜船とリギ〜

8月28日(土曜日)

4日目の天気もイマイチな予報。で、様子を見ながらということになり朝、母とラファさんは市場を見にチューリッヒのBürkliplatzへ出かけて行きました。

ラファさんの日本語が本当に上手なので安心して母を任せられました。日本では見たことない野菜をたくさん見たり、パンの試食をしたりとかなり楽しい時間を過ごしたようでした。

二人が帰ってきたあと、Zugに行きZug湖で船に乗りゆっくりとお昼を食べながらArthの村まで行きました。

スイスで乗る初めての船と船で食べるごはんに母も大満足。あっという間にお皿が空になりました。

ラファさんのお魚のフライ

p1020513.jpg

母のお肉とパスタ

p1020514.jpg

私のWurst-Käse-Salat(チーズとCervelatsというスイスのソーセージのサラダ)

p1020517.jpg

食後はArthまでの景色を楽しみながら。

p1020522.jpg p1020535.jpg

今回の船

p1020541.jpg

そのあと、Arth-Goldauからリギ(約1800mの山でLuzernの東にあるお山)へ。登山鉄道に乗り頂上へ登りました。昨年からリギへの登山鉄道などがGA(スイス中の電車(登山鉄道以外)にいつでも乗ることができる定期券のようなカード)でも乗れるようになったので、スイスパスを持っている母ももちろん追加料金を払わず乗れました。

p1020542.jpg

頂上に着くと気温が冬のようだし、超どんより。それでも、母は元気に軽々と展望台のあるところへサクサク歩いて行きました。

p1020544.jpg

まだ少し時差ボケもあるのに、3人の中で一番元気な母でした。

*おまけ

帰りはフィッツナウへ赤い電車に乗って降りました。ふと電車の後ろを見ると牛がちょこんと乗っていました。

p1020551.jpg p1020550.jpg

三度目の来瑞。〜チーズ工場とチョコレート工場〜

8月27日(金曜日)

3日目はラファさんの両親と一緒にGruyères(グリュイエール)のチーズ工場とBrocにあるCaillerの工場へ行きました。実は私とラファさんは6年前にこの2つの工場へ行ったことがあり、久々の訪問でかなり楽しみにしていたのです。

義両親とFribourgの駅で待ち合わせをして、お義父さんの運転する車でまずはGruyères(グリュイエール)の工場へ。この日も雨の降る寒い気温で空は超どんよりでした。

グリュイエールチーズの工場は駅の前にあり、大きな建物なのですぐにわかります。館内に入り受付で工場見学のお金を払うと、前回と同様にパックに入ったチーズをもらいました。

p1020471.jpg

で、ここでなんとスイスパスを持っていた母と某銀行のカードを持っていた義母&私は入場無料!!あ〜なんてラッキー。ありがたや〜〜〜

オーディオガイドを借り日本語に設定して、いざ見学開始。牛のことやらチーズの作り方などを日本語で聞けるので母にもよくわかって楽しそうでした。

見学時間に運が良ければ実際に作る過程を見ることができます。

p1020456.jpg p1020462.jpg

p1020463.jpg p1020464.jpg

p1020466.jpg

p1020470.jpg

館内にはお土産のショップやレストランもあります。

工場見学の後は、近くにあるグリュイエール城へ。で、6年前に食べたレストランへ。

p1020474.jpg p1020475.jpg

お義父さん&ラファさんはなぜか馬のステーキ、お義母さんは牛のステーキ、母と私はグリュイエールチーズのたくさん入ったキッシュを注文。せっかくグリュイエールに来たのですから、チーズ料理を食べないと来た意味がないような気がしたので、キッシュを食べました。

馬のステーキ

p1020477.jpg

キッシュ

p1020478.jpg

デザートにはメレンゲとダブルクリーム、キイチゴ付き

p1020480.jpg

グリュイエール城を少しだけ見たあと、BrocにあるCaillerの工場へ向かいました。

Caillerの工場の見学スペースは今年 2010年の春に新しくリニューアルオープンされたとのことで、どこもかしこもおNew。ただ夏休みのせいもあってか行ったときには、外にまで長蛇の列ができていて時間内に入れるのかちょっと心配になりました。6年前とは大違い…..。

館内に入り入り口で入場料を払うと、何時の見学ツアーなのかということを教えてくれ、時間までは映画を見て過ごしました。

見学ツアーではチョコレートの歴史を英語またはドイツ語で聞くことができます。そして、ミニ工場風のところでのチョコ作りを見たあと、できたばかりのチョコレートを試食。

p1020501.jpg

で、最後にやってきましたぁ♪ 試食コーナー!!Caillerの様々な商品が並んでいました。

p1020504.jpg

みんな、平均4〜5個は食べていたのではないでしょうか。私も食べました〜〜

ショップに行くと母が大箱のチョコレートをお土産に6個買うというので、ビックリしたラファさんと私。 結局、ワンサイズ下の箱を買っていましたっけ。

今度行くときは静かなときに行って、併設のカフェにも寄りたいな。

p1020511.jpg p1020506.jpg

久々に訪問したグリュイエールとCaillerの工場、母もとても楽しんでくれたようで良かった、良かった。

また、次回違うチーズ工場に連れていければなと思っています。

三度目の来瑞。〜St.GallenとAppenzell〜

8月22日(日曜日)

お盆休みを使って母がスイスにやってきました。初めての夏のスイスを満喫できたようでした。

空港へ迎えに行くと、3回めのせいか空港から出てくるのも手慣れたカンジ。

翌日はあいにくの雨降り&20度以下の肌寒さ。連日30度以上の気温が続く日本からやってきた母にはちょっと寒そうでした。

なので、午前中は室内が良いかなと思いSt.GallenのTextilmuseum(繊維・織物博物館)へ。スイスパスを持っていた母はもちろん入場料無料(スイスパスにはMuseumpassがついています)、そして某銀行のカードにもMuseumpassがついていたので私も無料で入ることができました。

そんなに大きな建物ではないのですぐに見て回れてしまいますが、スイスの貴重な刺繍の作品やレース織り、その他ヨーロッパの作品などが展示されています。そういう作品を見る度に母は「うわー、きれい」と何回も言っていました。

博物館を出たあとは雨も止んでいたので少し街散策。

p1020424.jpg

p1020419.jpg p1020426.jpg

そして、お昼ご飯。レストランに入った時間が早く、他のお客さんもいなくて静かに食べることができました。

p1020431.jpg

前日に「ソーセージを食べながらビールが飲みたい!」と母が言っていたので、母と私は『Rösti(じゃがいもを短冊切りにしてフライパンで焼いたもの)とサンクトガレンのソーセージ』、ラファさんは『白ソーセージとブレッツェル』と各々ビールを注文。

p1020432.jpg

p1020433.jpg p1020435.jpg

スイスで初めて食べたソーセージにとても感激していた母でした。

午後はAppenzellへ。終始、電車の窓から見える景色をずっと見つめては「お家がかわいい」とか「きれいなお花がたくさんだね」と母。前日の長旅と時差ボケで眠いだろうに、一生懸命窓の外を見ていましたっけ。

Appenzellの町ではお祭りをやっていたので地元の人と観光客とで少々混んでいました。

p1020436.jpg p1020446.jpg

カフェでひと休みをして、お土産を買って家に帰りました。

p1020439.jpg

丸い球と州越え。

8月9日(月曜日)

ラファさんが夏休みをとっていた週末に小さなハイキングへ出かけました。この日はとても良いお天気だったので暑くない森の中を散歩。

出かけた先はチューリッヒからちょっと北西にあるLägerenという850mくらいの小さな山。

まずはRegensbergという村へバスで行き、そこから出発。っていうか、Regensbergの村ですでに600m以上あるんですけどね….。

Regensbergのお城

p1020331.jpg

しばらく歩いていくと頭上に突然、丸い球が。説明書きには「スカイレーダー…..」と書いてありました。空港近いせいかな。

p1020333.jpg

お昼ご飯はHochwachtの展望台で。見晴らしはすばらしいのですが、なにせ日陰が全然ないのでめちゃくちゃ暑かった。即退散しましたっっ。

チューリッヒ湖

p1020344.jpg

Uetliberg

p1020345.jpg

チューリッヒ空港

p1020349.jpg

Hochwachtの後はひたすら森の中を散歩。昔のお城の城壁が突然出てきたり、すっごい狭くて石(岩)がごろごろした道なのに、そこを猛スピードで走っているお兄さんに出会ったりして、なんとか頂上にたどり着きました。

昔のお城の城壁
p1020351.jpg p1020350.jpg

森の中

p1020352.jpg

めちゃくちゃ狭い道

p1020355.jpg

頂上 Burghornからの眺め

p1020364.jpg p1020365.jpg

p1020366.jpg

Badenへ降りる前にあるレストラン  Schartenfelsでお茶休憩。

p1020372.jpg

レストランからの眺め

p1020374.jpg

Badenの街からレストラン  Schartenfelsが見えます。山の真ん中にある建物です。

p1020386.jpg

今回はRegensbergのお城は見学できなかったので、いつか行けたらいいなぁ。それと、がんばって中級コースも歩けたし、初の州越えもできたし。

また暑くないときに散歩に行きたいなぁ。