Main menu:


カレンダー

February 2011
S M T W T F S
« Jan   Mar »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

Site search

Categories

Archive

Meta

Archive for February, 2011

スイスごはん。その5

2月28日(月曜日)

週末は土曜日はなんとか曇り空でしたが、日曜日は朝から終日雨でした。そんなあいにくの雨天気の中、チューリッヒから友人カップルがルツェルンに来てくれました。

で、ルツェルンごはんといば、「Luzerner Chügelipastete」。てことで、朝からラファさんが準備して作ってくれました。

ラッキーなことに家のそばのパン屋さんでは、このPastete(パイ)を売っていたので事前に注文。

かなりの大きさでめったにみないので、友人も写真を撮るほど。

中身はきのこや仔牛のお肉や玉ねぎ、そしていちばん大事なKalbsbrätchügeliという丸い肉。Kalbsbrätchügeliは仔牛の肉から作ったもので、ソーセージの中のお肉だけのようなものだと思ってください。

それらを生クリームで煮込んで、Pasteteの上から空洞になった中へそれらを入れて食べるのです。

ラファさんががんばって作ってくれたので、とてもおいしかった。私以外はみんなおかわりしてましたっけ。さすが。

ルツェルンに来た際にはぜひ一度食べてみてくださいね。

傘。

2月24日(木曜日)

きょうは午前中から雪が降っています。せっかく少し咲き始めたPrimeli(サクラソウの種類)の上に容赦なく降っていて、ちょっとかわいそう。

さて、ルツェルンに引っ越してきてから気がついたことがいくつかあり、その中のひとつに傘があります。

ルツェルンの人たちは雨が降るとよく長い傘をさして歩いています。

……て、ふつう当たり前じゃないかと突っ込まれそうですが、チューリッヒにいたころは長い傘を持っている人はあまり見なかったので(折りたたみ傘がほとんど)、ルツェルンに引っ越してからラファさんにそう言うと「ルツェルンは雨が多いんじゃないの?」とのお返事。

我が家のお隣さんもドアの横には家族分の長い傘が傘立てにあるし、そうなのかなぁ〜〜

ラファさんは超大雨のとき以外傘ささないもんね……。ていうか、スイスの若い人って傘持ってない子多いもんな。

フランスごはん。

2月20日(日曜日)

歯医者さんは午前中だったので、診察が終わるころにはお腹も空いてきた私たち。

チューリッヒに用事があったのでお昼はチューリッヒでということになりました。お店は、久々にフランスごはん((地中海風フランスごはん)がたべたくなったので旧市街にあるRestaurant Mère Catherineに。

このお店は今までも何回か行ったことがあったものの、平日のランチは超久しぶり。たぶん約7年ぶりのような….

ラファさんは豚の骨付きステーキ、私は白身魚とたぶんマスのソテーにちりめんキャベツのホワイトソースのメニューを注文。私のメニューはその日の市場で見つかった食材を使ったもの。

ランチメニューでは前菜としてサラダかスープを選ぶことができ、私のメニューにはデザートもついていました。

ま、お値段はチューリッヒ価格なのかなと思います。でも、おいしいごはんだったので幸せでした。

スイスで歯医者さん。その2

2月19日(土曜日)

きのうは約半年ぶりの歯医者さんへ。場所はおばあちゃんの住んでいる町なので、家からは1時間半ほどかかります。

ルツェルに引っ越してきてからはお初だったので、まずは受付で新住所の登録。ちゃんと請求書が届くかな〜ちょっと不安。

さて、ラファさん→私の順で診察。

先生は何でかずっと英語で会話&説明。ドイツ語でいいんだけど….と思いつつ。診察結果は先生が「つまらないよ」を連発するほど何もなく(私的にはホッとひと安心)、その後クリーニングへ。

半年後のせいもあり、パパッと終わりました。

次回の予約は約1年後。虫歯を作らないようにちゃんと歯磨きしようっと♪

ハート型のBerliner。

2月14日(月曜日)

きょうはバレンタインデーでございます。

スイスでは(欧米は)男性から女性へお花やプレゼントを贈る日。

で、うちは別に何もしませんが、きのうの朝ごはんのとき家の近くのパン屋さんからラファさんが「ハート型のBerliner」を買ってきてくれました。(Berlinerとは油で揚げたパン生地の中にジャムやチョコが入って粉砂糖が上についたもの)

一日早かったけど、うれしかったな。

味はもちろんできたてなこともあって美味しかったです。