Main menu:


カレンダー

March 2011
S M T W T F S
« Feb   Apr »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Site search

Categories

Archive

Meta

Archive for March, 2011

久々の日本、2011年。~四国旅行、その5~

3月31日(木曜日)

最終日となった四国旅行の5日目は高松市内にある栗林(りつりん)公園に行きました。国の特別名勝に指定されている庭園で、ちょうど梅が見頃でとてもきれいでした。

紫雲山と梅。梅の蜜を吸いにきていたメジロ。

りっぱな池の鯉たち

公園を出たあとは公園のすぐそばにあったカフェでひと休み。お抹茶とお菓子がおいしかったぁ。

では駅に戻ろうともと来た駅に戻ると次に来る電車は50分後……、おいおいお昼も食べられないし、電車にも乗れるかわからないよということで、バス停を探し、無事に街の中心部へ戻ることができました。

で、四国最後の食事は『讃岐うどん』を食べました。ラファさんはなんでかビールも注文。

やっぱり本場のうどんはおいしかった。さらにうどん大好きになりました。

帰りは高松から快速に乗ってまずは岡山へ、そして約4時間新幹線に乗り新横浜まで。途中計画停電のせいかほんの少しスピードが落ちたけど、心配していた途中で止まるようなこともありませんでした。

ただ、今回の日本での滞在先は実は実家ではなくウイークリーマンションで、その建物がある地域がちょうど計画停電の真最中でした。

最寄り駅と改札口前は電気がついていても、それ以外のところは本当に真っ暗で階段を降りるのもおっかなびっくりで降りなければならなかったし、ウイークリーマンションに着いてももちろんエレベーターは使えず10階まで歩きました。

地震でかなり落ち込んでいた私でしたが、この四国旅行のおかげで徐々に元気が出てごはんもおいしく食べられてとても楽しく過ごすことができました。もし、旅行を中止していたら落ち込みっぱなしでスイスに帰ってきたことでしょう。

ずっと行ってみたかった四国へ行けて本当に良かった。またいつか行けるのならもうちょっとゆっくり回りたいし、2泊ずつしたいなぁ。

※写真はクリックすると大きくして見られます。

久々の日本、2011年。~四国旅行、その4~

3月30日(水曜日)

道後温泉で一泊した翌日、午前中は松山城の見学へ。

道後温泉駅周辺には坊っちゃんからくり時計や足湯なんかもありました。

坊っちゃん列車

坊っちゃんからくり時計。毎正時になると人形たちが現れます。

さて、松山城は勝山という山の上なのでロープウェイで。

高知城同様に急な階段を上がり天守閣へ行くと市内や瀬戸内海も見えました。ちょっと風が冷たくて、少しだけ見て降りちゃいました。

天守閣より

お昼はラファさんがそうめんがついた定食、母と私は日替わり定食を食べました。実は道後温泉で泊まったホテルのお土産屋さんで白いふつうのそうめんと一緒に箱に入ったカラフルなそうめんを気に入り、食べてみたいと思っていたようです。

午後は高松に向けて出発。そして約2時間半後に高松に到着しました。海のそばのせいもあるのか風がとにかく冷たくて超寒かった….。

高松での宿泊先はふつうのホテル、でもアメニティもいろいろ揃っていたし思っていたよりも部屋が狭く感じなかったのでここを選んで良かったなと思いました。

夕飯は餃子屋さんでおいしい餃子をたくさん食べ、ベッドに入りました。

※写真はクリックすると大きくして見ることができます。

久々の日本、2011年。〜四国旅行、その3〜

3月29日(火曜日)

3日目はまず高知城へ。天守閣は全国に12城しか残っていない木造だそうで、風が冷たかったけど市内をぐるりと眺めることができました。

市内にはたくさんのヤシの木

お城への入り口で

山内一豊公像

天守閣より

駅に行き、この日の宿泊地である松山 道後温泉へ出発。特急を乗り継ぎ松山についたのは夕方前。

駅前から出ているトラムに乗り道後温泉を目指しました。1回の乗車は150円。

道後温泉駅からこの日の宿泊先へ行くと、ホテルの前にはマドンナの姿やぼっちゃんの姿をした従業員の方がいました。

夕食前にしばし散歩。道後温泉本館を外から眺めたり、お土産屋さんを見て回ったり。

夕ごはんは炊き込みご飯風のたい飯やすきやき風なお鍋、お刺身、さざえにそのほか小鉢いろいろがテーブルに並びました。

本当にどれもおいしかった。

*おまけ

高知駅にあるパン屋に行くと、なんとアンパンマンとその仲間がパンになっていました。かわいかったので思わず買っちゃいました。

アンパンマン

おむすびまん

※写真はクリックすると大きくして見ることができます。

久々の日本、2011年。〜四国の旅、その2〜

3月28日(月曜日)

四国旅行の2日目は、徳島から高知へ。途中の阿波池田でホームに入ってきた電車には車体一面にアンパンマンやその仲間たちが描かれたアンパンマン列車でした。

車内の天井にも描かれていたし、車内放送にもアンパンマンの音楽が使われていました。きっと子供たちが見たら大喜びでしょう。

お昼前に高知に到着、チェックインまでにはまだ時間がありましたが荷物を泊まる旅館に預け、お昼ご飯へ。

お昼ご飯はたまたま見つけたラーメン屋さん。とてもおいしいスープだったので私もラファさんも全部飲んでしまいました。あ〜スイスにお店ごと持って帰りたかった…….。

高知へ来た一番の目的、それはやっぱり龍馬さん。てことで、路線バスに乗って桂浜へ向かいました。

龍馬さん像

もうちょっと寄ってみましょうか…

ドラマを見たときはとても近そうな気がして気軽に行けるものだと思っていたら、結構時間がかかってバスではウトウト。

まだドラマの影響なのか観光客が多くて、若いカップルや友達同士それに年配のグループなどなどの姿が見られました。

母はうれしそうにひとりで砂浜を歩き回っていましたっけ。なんてたって福山くんが走ってたんだもんね。

本当にとてもきれいな浜で時間があるならずっと眺めていたかったな。

龍王宮

龍王宮から

市内に戻り旅館へチェックインに行くと、すでに荷物は部屋に運んでおいてくださりました。

有名なはりまや橋

夕飯は高知の郷土料理である皿鉢料理やカツオのたたき、お刺身、うどんの鍋ものなどがテーブルに並びました。

カツオのたたきは本場のせいかやっぱり美味しかったし、皿鉢料理もきれいなお皿にいろいろな料理が盛られていて目でも楽しめました。

皿鉢料理

ただ、量が多いのでかなりがんばりましたが完食はできませんでした。

食後、展望風呂に入ってまん丸のお腹をかかえ寝たのでした。

*おまけ

高知市内にはトラム(路面電車)が走っていました。レトロなものもあれば、車体全体に広告がついたタイプもありました。

※写真はクリックすると大きくして見ることができます。

久々の日本、2011年。〜四国の旅 その1〜 

3月24日(木曜日)

大地震の2日後、いろいろ気になることは山のようにあったけれど、母と3人で四国へ4泊5日の旅行に行きました。

ひかりに乗って新神戸へ。そして高速バスに乗って鳴門海峡に向かいました。

高速バス、鳴門公園口

鳴門海峡といえば、「うず潮」。いつでもぐるぐるとしているのかと思っていたら、そうではなく、満潮や干潮の前後1時間半までがうずしおを見るのに最適な時間だそうで、私たちが行った時間は海がとても穏やかなときで全然ぐるぐるしていませんでした。あらら。

うず潮を見るなら大鳴門橋遊歩道渦の道へ。橋桁にある遊歩道です。床にはガラスになっているところもあるので海がよく見えました。

その後、バス、電車と乗り継ぎ徳島へ。徳島では駅に近い旅館に宿泊。

が、どうもお客さんが私たちだけのような….。おかげで大きなお風呂も独り占めでとても気持ちよく過ごすことができました。

夕飯はお刺身、天ぷら、鍋物、うどんなどなどたくさんでおなかいっぱい食べました。

*おまけ

この日は朝からとても快晴だったので、新幹線から美しい富士山が見られました。ラファさんと一緒にいて初めて見れたような気がします。

三島のあたりから

富士のあたりから

※写真はクリックすると大きくして見ることができます。