Main menu:


カレンダー

April 2011
S M T W T F S
« Mar   May »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Site search

Categories

Archive

Meta

Archive for April, 2011

イースター休暇。

4月26日(火曜日)

今回はとっても良い天気のイースター休暇でした。

とは言っても旅行に行くわけでもなく、家でのんびりしていましたが。

金曜日は船に乗ってVierwaldstättersee(フィーアヴァルトシュテッテ湖)の湖畔の町、Weggisへ。青空の下でピラトゥスを眺めながらお昼のようなおやつのようなご飯を食べました。

船から。リギもよく見えました。

日曜日はイースターなので、義両親の家へ。

おばあちゃんも一緒に過ごし、みんなで義両親とおばあちゃんの隠したOsternestを探したり、食事の後は『USGRÄCHNET BÜNZEN』というカードゲームで遊んだり。

気がつくとあっという間に夜7時をわまっていてビックリでした。

今年もたくさんのうさぎチョコとたまごチョコをもらいました♪

久々の日本、2011年。~まとめ~

4月10日(日曜日)

今回の日本での滞在は約2週間でした。

初めの週は前回会えなかった友人に会ったり、お友達と合羽橋に行ったり、美容院に行ったり、ラファさんは今回の一番の目的だった大学の教授さんのさよならパーティに出席したり。

でも、3月11日のあの地震で四国旅行以外の予定はそのあと全て白紙になりました。

11日はお昼から友達と横浜でお昼ご飯を食べ、彼女は子供の幼稚園のお迎えがあったので13時すぎに別れ、私たちはそのあと手芸屋さんで買い物中に地震にあいました。

考えていた以上の揺れで自分のことより、店内で離れているラファさんが心配でした。

揺れがおさまった後、しばらくは広場で待機。その後は、駅に行っても電車は動かなかったので結局、滞在先まで歩いて帰りました。

途中で通った鶴見駅周辺が一番怖かった。停電で駅しか電気がついてなくて連絡通路も道路もどこも真っ暗だったし。車のライトだけが頼りみたいな感じでした。

その夜の食事は滞在先の前の焼肉屋さん。あの日はどこもかしこも満員だったり、早く閉店してたところばかりだったから、とても有難かった。すごい疲れてたから余計に体にしみて、おいしいお肉だったなぁ。

それからは四国旅行に行っている間以外は、ずっと余震が怖くてひとりになりたくなかった。

あんなに大好きだった横浜も行くと地震のことを思い出して気分が悪くなるほどで、ずっとラファさんの手を握ってました。

計画停電のおかげで予定していた『ごはん会』も見送り。ラファさんは会いたかった友人には全然会えずにスイスへ。

でも、母はそんな中いちばん元気で食欲も旺盛で、一緒に行った四国旅行を本当に楽しんでくれました。母がいつも笑っていてくれたから私も元気になれたのだと思います。

たった2週間の滞在だったのにいろんなことがあって、とても思い出深い滞在になりました。今度日本へ行くときは静かな滞在になるといいなぁ。

最後に、Sちゃん、Kさん、Mさん、今回会えて本当にうれしかったです。忙しいのに時間を空けてくれてどうもありがとう!!!

そして、今回の地震で被災された方々が一日でも早く前のように笑って生活できますように。

*おまけ1

スイスへ帰国するまえのお昼ごはんは、なんとネパール料理店で食べたカレー。

時々母はここへ来ては食べているらしい。辛いもの大好きなラファさんは気にってましたっけ。

かなり辛いよ~

*おまけ2

成田空港の展望テラスで『パンダ飛行機』を発見。あ~パンダ見たかった。

久々の日本、2011年。~合羽橋~

4月6日(水曜日)

もし日本へ行くときがあったら行ってみたいなぁ~と思っていた場所がありました。

それは合羽橋。

きっかけは母が送ってくれた荷物に入っていた料理雑誌に合羽橋の特集が載っていたから。

ラファさんは留学中に一回だけ行ったことがあったようで、「合羽橋は楽しいよ~♪」と行く前に話してくれました。

当日はお友達のKさんと3人で出かけました。

浅草から行く途中、一瞬迷子っぽくもなりましたが無事に合羽橋に到着。土鍋や型抜き、スイスで必要そうな細々したものなど、気がつくと結構買っていました。

ビルの合間から見えたスカイツリー

かっぱ河太郎さん

カップのバルコニー

お鍋やお皿などたくさん

夕方、合羽橋珈琲で休憩。イケメンな店員さんがたくさんいました。とても落ち着いた店内で居心地が良く長居してましたっけ。

午前中から行ってあっという間に夕方で本当にどのお店も見ていて飽きないし、楽しかった。

スイスに持って帰らなければならなかったので、お皿類は買えなかったのが残念だったけど。

また日本へ行く機会があれば行っていろいろお買いものしたいな。

久々の日本、2011年。~浜松町~

4月5日(火曜日)

日本での旅日記にもうしばらくお付き合い願いします。

さて、今回の日本での滞在中天気が悪かったのは1日だけでした。その他の日は本当に良く晴れていて青空がまぶしかったです。

で、よく母がお昼を食べに行くという韓国料理のお店が浜松町にあるというので行ってみました。

ラファさんはユッケつきビビンバ、私はサムゲタン、母は新メニューのものを注文。

それぞれキムチとサラダがつきました。私にはけっこう辛いキムチでほとんどラファさんにあげちゃいました。

3人とも汗をかきながらおいしく完食。ごちそうさまでした~~

食後は来たついでということで、貿易センタービルの展望台へのぼってみました。昔、父と行ったけな~~

回りに高いビルが多くはなりましたが、東京タワーやスカイツリー、お台場などなどお天気だったこともありよく見えました。

※写真はクリックすると大きくして見られます。

久々の日本、2011年。~四国旅行、番外編~ 

4月1日(金曜日)

今回の旅行では何回か駅弁を食べることがあったので、ご紹介しようと思います。….て、四国で買ったのは1個だけじゃんと今頃気がつきました。

品川駅で『柿の葉すし』、4種類のお寿司が2つずつ入っていました。

新神戸で『たこめし』とラファさんが食べた名前がわからないけど箱がきれいだったお弁当

高松駅で『アンパンマン弁当』、中のお弁当は子供が好きそうなものばかりだし、水筒やバランに醤油さしまでアンパンマンなのがほんとうにかわいい

岡山駅で『あなごめし』と名前を忘れたお弁当

スイスにはもちろん駅弁の文化はありません。なので、ここぞとばかり値段も気にせず好きなものを買って食べていました。

どれもおいしいし、とてもきれいに詰められたものが多くてこのままスイスに持って行ければなと何回も思いました。

それから、スイスの鉄道も本当にいつも正確できっちりで他の国の電車に比べたら快適なのですが、日本の鉄道はそれ以上に正確だし、なんてたった車内もホームもきれいに清掃されていてとても気持ちが良かった。

だから、スイスだったら我慢していたトイレも日本では安心して使うことができました。

今回はいろんな面ですごく日本の良さを感じた旅でした。日本て便利だな~~

※写真はクリックすると大きくして見ることができます。