Main menu:


カレンダー

July 2013
S M T W T F S
« Jun   Aug »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Site search

Categories

Archive

Meta

Archive for July, 2013

スイスの日曜日。その24~Rigiでのんびり~

7月30日(火曜日)

さきおとといには37度以上の猛暑になったスイスですが、きのうの雨でひと休みでちょっと肌寒い日でした。きょうはまた太陽が戻ってきました。

ほどほどに暑くなって欲しいなぁと。

で、その猛暑だった日曜日は午後からはGewitter(雷雨)があると天気予報で聞いていたので、近所の山ですぐに帰れるところへ行こうということになり、Rigi(リギ)へ。

それに、GA(スイスの定期券みたいな電車カード)で行けるからお金使わなくていいし。

お昼近かったので、電車も山頂も外国人が多かったような。

Rigi-Kulmからの景色

 

Rigi-Kulmから次の駅の間にある小さいレストラン(セルフサービスのお店)でビール飲んで、ラファさんとボーーっと過ごしました。

帰りはVitznauまで降りてルツェルンまで船に乗って帰りました。この日はGAフル活用。

高いけどGAってやっぱり便利♪

またお天気が良い週末にお山へ行こうっと。

親戚と一泊。その二~Lüderenalpからハイキング~

7月25日(木曜日)

お義父さんの親戚とLüderenalpのホテルでおじさんの遅い誕生日パーティをした翌日、駐車場でみんなと別れた後、私たちはLüderenalpからハイキングへ行きました。

朝、部屋から、うっすらアルプスが見えました

 

ハイキングの終点はLangnau im Emmental。

今回のハイキングでは、ラファさんも私も荷物を持ってだったので、ゆっくり歩こうということに。

天気が良いのはいいことだったけれど、この日も気温が高くてかなり暑かったです。ふつうならもっと標高の高い山でハイキングするべき気温なんですが…..

エメンタール地方特有の景色を見ながら

丘の上に1本だけある木を発見

だんだん下に下がってきました

この景色を見ながら、ホテルで作ってもらったサンドイッチを食べて

Langnauの町が見えてきました、もうちょっと

エメンタール地方はかわいい(素敵な)建物がたくさんで、見ているだけでも飽きません。

この建物は博物館

こちらはレストラン、入り口の上にはレストランの名前(Bären)通り「熊」がお出迎え

日曜日のせいかどのレストランも閉まっていたので、結局そのままルツェルンへ帰りました。

本当はビールの一杯くらい飲みたかったのにな~~~

久しぶりの親戚との再会や大好きなエメンタール地方でのハイキングもできて大満足な週末でした。

*写真はクリックすると大きくして見られます。

親戚と一泊。その一~Lüderenalpホテル~

7月24日(水曜日)

きょうのルツェルンは昨夜の雷雨からちょっと暑さもひと休み。

といっても、このところのスイスは「暑い」のひと言です。

日中の気温は30度近くで、湿気がないぶん熱気が直接なのでちょっと息苦しい感じもします。

ま、スイスの夏は短いので思い切り楽しまないと損なので文句は言わない、言わない。

 

さぁて、先週末はお義父さんのお兄さんの招待でベルン州にあるLüderenalpという山(約1150m)の上にあるホテルで、その他の兄弟の家族と一泊過ごしました。

お義父さんは私の父と同じ数の兄弟がいて、しかも一番上はおばさんというのも一緒なのです。

で、そのお義父さんのお兄さんの一人が今年の春に年金をもらう年齢(65歳)になったので、そのおじさんが自分の兄弟&その家族を招待してみんなでお祝いして過ごそうということになったのです。

総勢15人。結構な人数よね。

夕方ホテルに行くと、すでに私、ラファさん&義妹以外の家族は到着していてアッペロをしていました。

山の上のホテルだからと軽く思っていたら部屋はみんなBerner oberland(ベルナーオーバーランド)のアルプスが見渡せる部屋でかなり広くてビックリ。

いったいいくらするの?と思ってしまいました。

食事をした部屋も貸切で、大きなテーブルをみんなで囲みました。

前菜はエメンタールの生ハムとメロンとサラダ

スープ

メインはエメンタールの子牛の肉のサフランソースがけとマッシュポテトと野菜

デザートはエメンタールのメレンゲとアイス&ホイップクリーム

おいしかったのですが途中でかなりお腹いっぱいだったので、全部は食べられず残してしまいました。

デザートの前で一回休憩、みんなで外でボーッと。

本当はアルプスが見渡せる絶景ポイントなんですが….雨が近いなぁ

デザートの後は久しぶり(?)の再会のせいか、よーーーーく喋る、喋る。お開きまで再びアルコールを飲みながらみんなずーーーっっと話してましたっけ。

おいしい食事と楽しい時間を過ごせました。

*写真はクリックすると大きくして見られます

スイスの日曜日。その23~Haslital~

7月17日(水曜日)

きのうまでサンサンと太陽が照りつけて暑かったのですが、きょうは曇りで涼しくて過ごしやすいルツェルンです。

で、朝から快晴だったこの間の日曜日はハイキングへ出かけました。

場所は、Berner Oberland(ベルナーオーバーランド)地方にあるHaslital(ハスリータル)へ。

ルツェルンからはインターラーケン行きの電車に乗り、Brünig-Haslibergで下車。そして、Reuti行きの郵便バスに乗り換え、Hasliberg Reuti(終点)まで。約1時間。

さらに、ロープーウェーを2回乗り継ぐと、Alpen tower Planplattenに到着。一気に2250mまで行けちゃいます。

今回、ラファさんが行きたかったハイキングコースは前日に落石があったということで行かれず、チケット売り場のおばさんにいろいろ確認してとりあえずAlpen tower Planplattenまでのチケットを買いました。

GA持ちで1人15フラン。

今年はかなり遅い時期まで雪が降ることが多かったせいで、行こうと思ったコースになかなか行けないことが多いです。

Alpen tower Planplattenからの眺め

レストランのある展望台の後ろの白い物は雪、ハイキングコースにも結構雪が残ってました

景色も見て足元の花も見て

このコースはSonnenwegという名前、本当にお日様サンサンです

いろいろ山が見えますが、名前はよくわかりません

たまには休憩して

山の上に出発地の展望台が見えます、グルっとした感じでしょうか

このコースのゴール地点 Käserstattまで歩き、ロープーウェーでも下へ降りられましたが私たちは「Monster-Trotti」というものに乗って降りることに。

この「Monster-Trotti」、その10年以上前にキックボードが日本で流行りましたが、それのタイヤが大きいタイプというところでしょうか。

スイスには今でもキックボードに乗っている子供から大人の姿を見ますが…..

ヘルメットも借りて、1人12フランかかりました。

スタート地点からしばらくは石がゴロゴロの砂利道&慣れていないのせいで上手く乗れませんでしたが、途中のアスファルトの道路になってからはそれなりに乗れるようになりました。

かなりへっぴり腰…..

あまり余裕はありませんでしたが、たまにはまわりの景色も見て

無事にロープーウェーの途中地点 Lischenまで乗り、LischenからTwingまでロープーウェーで降りました。

そして、元来たBrünig-Haslibergまでまた郵便バスに乗り電車でルツェルンへ。

駅からはほんのちょっとだけしか乗らないけど、船で涼しく帰りました。

日差しがちょっときつくて日に焼けたり、「Monster-Trotti」にも乗って新しい体験もして、きれいな景色をめいっぱい楽しめた一日でした。

今度こそはラファさんの行きたかったコースに行けるといいなぁと思っています。

スイスの山の涼しい空気、伝わったかな?

*写真はクリックすると大きくして見られます。

まだまだ知らないこともある。

7月15日(月曜日)

先週末も…そしてきょうも、夏の真っ只中というくらい良いお天気のルツェルンです。

さて、そんな週末の土曜日はお昼くらいからずっと気になっていた近所の森へ。

私たちのアパートのそばには結構大きな森がいくつかあって、ルツェルンでの生活もこの秋には4年目になるのにそういえばまだ行ったことなかったなぁと思い行ってみました。

しばらく歩くと森の合間にあった草地で、Platus(ピラトゥス)とRigi(リギ)の山が見えました

 

そして休憩にはいつの間にか持ってきてたスイスのソーセージ Cervelat(セルヴェラ)を焼いて

2本しか焼かないのにこの火の勢い、そしてさすがスイス人!慣れてますね~~

休憩のあとは涼しい森を散歩、さんぽ♪

「この道は馬は禁止」の看板

さて、そろそろ帰りましょうっと

大部分森の散歩だったので暑い気温でしたが涼しい中、歩くことができました。

近所だからいつでも行けると思ってなかなか行かなかったけど、行ってみると小さい池があることとかリスを見たりいろいろ発見できて楽しかったです。