Main menu:


カレンダー

January 2018
S M T W T F S
« Dec    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Site search

Categories

Archive

Meta

ラファさんのリフレッシュ旅。その2

10月31日(金曜日)

あ~今年の10月は本当に暖かかったなぁ。

きょうもお昼前からHochnebel(ホッホネーベル 霧状の雲)が取れて、ひなたはポカポカだし空はきれいだし。

明日から11月、寒い冬なのかな???

 

本日も先週末の一泊旅行の続きです。

旅行の当日の26日は10月最終日曜日だったので夏時間から冬時間になる日でした。

おかげで夜中、ホテルの目の前にある教会の鐘がゴーン、ゴーン、ゴーン、ゴーンと15分おきに鳴り響いていて、ラファさんは

「今年は冬時間になるんだっていうのをすごく感じた」と

言っていました。

〈夏時間から冬時間になるときは、夜中の午前3時に、もう一度2時に針を戻して冬時間へ、冬時間の時はその逆だと思ってください。〉

この鐘がゴーン、ゴーン♪

朝食を食べ終わり、チェックアウトをした後は、ゆっくりとPoschiavo湖の湖畔の村 Le Prese(レ プレーゼ)まで散歩をしました。

Chiesa San Vittore Mauroというホテルの目の前の教会

お天気最高♪

Palazzi o Quartiere spagnolo

歴史的な建物のようで、イタリアっぽい感じがしました。実際に人が住んでいるようです。

Chiesa Santa Maria Assuntaという教会

Poschiavoにはたくさん教会があって、土曜日の夜6時からのミサとか日曜日の朝のミサに熱心に町の人たちが通っているのを見ました。

Poschiavoの町

川沿いをずっと歩いていると、後ろからガタゴト、ガタゴトという音が….

Rhätische Bahnの赤色はとても景色に映えて好きです

Le Preseに到着

久しぶりにLe Preseに行きました。7年前の10月にも行きましたね~~(興味ある方はどうぞ→

駅に行くと、ちょうどPoschiavo行きの電車が10分後に来るというので、電車に乗って再びPoschiavoへ戻りました。

そして、お昼を食べて電車に乗り、Pontresinaへ行く途中にあるAlpe Grüm(アルプ グリュム)へ向かいました。

Poschiavoの郷土料理

ほうれん草入りのスイス風パスタでチーズと玉ねぎとバターで味付け。

ラファさんのも同じくPoschiavoの郷土料理 Pizzoccheri

そば粉のパスタにじゃがいも、にんじんなどの野菜が入り、チーズで味付けされています。

両方共美味しかったけど、ちょーっと重いごはんでしたね。

さいなら~~Poschiavo

Alpe Grümは2091mの高さのところにあり、ホームの目の前にはPalü氷河が見えます。

箱根登山鉄道から贈られた日本語の案内看板もあります

短くても5分、長いと7~8分停車しているので電車から降りて氷河の写真を撮る観光客がたくさんいました

Palü氷河

Poschiavoの町の方も見渡せます

ラファさんがどうしてもSamedanからの電車でレストラン車両に乗りたいというので、Alpe Grümで約2時間ほどホーム横のレストランで過ごしました。

外は寒くていられないので。あ~本当に寒かったぁ。

PontresinaとSamedanで乗り継ぎして、このレストラン車両でChurまで。

ラファさんはハムとチーズの盛り合わせ

私はグラウビュンデン名物のスープを食べました。

夜7時すぎにChurに到着し、行きと同じでThalwilでルツェルン行きの電車に乗りかえて家へ。

駅でバスがすぐ来たので、10時前には家に着きました。

急遽決めた旅行だったけれど、ずっと気になっていたPoschiavoの町に行けたし、Alpe Grümにも寄れたので今回の旅も大満足でした。

またPoschiavoに行くことができるなら、春か夏でお店の開いているときに行きたいなぁと思っています。

*写真はクリックすると大きくして見られます

 

Write a comment