Main menu:


カレンダー

May 2013
S M T W T F S
« Apr   Jun »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Site search

Categories

Archive

Meta

Archive for May 1st, 2013

本業はどちら?

5月1日(水曜日)

本日はメーデー。確かチューリッヒはお休みだったような…..のせいか、ルツェルンの街は人が多かったです。

さてさて、先日書いたDADA ANTE PORTASのライヴでのこと。

まだ何か書くかい?と突っ込んでもらっても良いです。

ライヴのMCはスイスドイツ語なので、理解できたりできなかったりの私。

何かの話の延長で、このときのヴォーカル Peeちゃんの話していたことをラファさんが後で教えてくれ、スイスで音楽で(バンド活動)食べていくことの大変さを感じてしまいました。

その話とは…..

Peeちゃん(P)「あ、見知ってる顔がこんなところにいる」

どうも最前列に小学生らしき子供がいたよう。

P「(優しい言い方で)ダメでしょ。こんな時間にこんなところへ来てちゃ」

子供が両親と一緒だと主張。

P「あぁ、両親と一緒なんだね。なら良いよ。じゃ、また月曜日『学校』でね」

 

どこの学校かはわからなかったけど、どうも『学校の先生』の仕事を本当はしているみたいだよとラファさんが言っていました。

日本だったらきっとある程度売れたら音楽一本で生活しようとする人が多いと思いますが、ここはスイス、全国民合わせても約800万人の人口なわけで私の住んでいた神奈川県よりも少ないんだもの。

音楽だけで生活するにはそれは大変で他に安定して収入が得られる仕事がないと生活していけないんだなと痛感してしまいました。

ラファさん曰く、スイスで音楽(バンド活動)だけしかやっていないアーティストは本当にごくごく一部の少数の人だけで、ほとんどの人は本業をしながら音楽の仕事をやっているはずとのこと。

ま、国会議員の方々もみないろいろな職業を持ちながら議員さんの仕事を兼業しているみたいです。

Bundesratの7人の方は忙しくてそんな他の仕事はできないと思いますが。